このページの本文へ

痴漢するエリート外国人が増加中、「Chikan」が国際語に!?

文● 福田晃広(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

映画「それでもボクはやってない」(2007年公開)をきっかけに痴漢冤罪の問題点が認識されるようになった。しかし、あれから10年経っても、「痴漢冤罪で人生が終わった」などのイメージが先行するばかりで、根本の痴漢行為の実態については、対策法の制定どころか議論さえもまったくされていないのが現状だ。(清談社 福田晃広)

性欲よりも支配欲とストレス
痴漢に走る心理メカニズム

実は四大卒の既婚者サラリーマンが半数以上を占める痴漢加害者。近年では、外国人エリートサラリーマンによる痴漢行為も増えているという。

 今年8月、日本初の「痴漢」の実態についての専門書「男が痴漢になる理由」(イースト・プレス)が上梓された。著者は大森榎本クリニック精神保健福祉部長の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)。痴漢行為をしてしまう男性の特徴や、近年増えている外国人による痴漢のケース、痴漢を減らすための対策などを詳しく聞いた。

 まず一般的に痴漢をする男性は、『性欲が抑えられなくて女性にモテない人』というイメージがあるが、それは間違った理解だと斉藤氏はいう。

「犯罪白書平成27年度版では、痴漢の罪で裁かれた性犯罪者の3割強が既婚者ですし、当クリニックに相談にくる方たちは、四大卒のサラリーマンで家庭をもつ既婚者が半数以上を占めています。また、私たちのアンケート調査によれば、痴漢行為の際に勃起していないと答えた人が過半数以上でした。もちろん痴漢をする動機として性欲は関係ないというのは言い過ぎですが、それだけに注目してしまうと視野狭窄に陥るため非常に危険な考え方です」(斉藤氏、以下同)

 実態として、痴漢行為をする多くの人の動機はストレス発散であり、性欲を満たすというよりも、歪んだ女性観や男尊女卑的価値観が大きく影響しているという。

「彼らの多くは、自分よりも弱い存在の女性に対して性暴力を通して支配し、優越感に浸ることで、日頃のストレスを発散します。女性をモノとして扱ったり、胸、脚、尻のように、『記号』として見ているので、驚くべきことに痴漢されている女性の気持ちがまったく理解できていません。そのような考えに至るのは、おそらく日本社会に根強くある男尊女卑的価値観も少なからず関係しているでしょう」

 ストレス発散する方法は痴漢以外にいくらでもあると思うだろうが、痴漢する人の多くはストレス解消のための選択肢が少ない上に、対人緊張が強くコミュニケーション能力が低いので劣等感を抱きやすいという。その不全感を女性に痴漢することで発散しているのだ。

 また、その裏には、多くの男性が無意識のうちに、男が女より優位で当たり前だという価値観を持っていることも影響しているという。

エリート外国人サラリーマンによる
痴漢行為も増加中

 実際に斉藤氏が痴漢加害者から聞いたというエピソードを語ってくれた。

「痴漢を始めて間もない頃、電車内で女性の身体をまさぐっていると、まったく抵抗しないので、『俺のテクニックで気持ち良くなってるのかな』と思いながらも目的の駅に下車しました。すると、その女性も同じ駅で降りたそうなんです。『やばい、とうとう駅員に突き出されるかも』と思ったら、女性が声をかけてきて、話をするうちに意気投合。そのままラブホテルに行って、セックスをしたというのです」

斉藤章佳(さいとう・あきよし)/精神保健福祉士・社会福祉士、大森榎本クリニック精神保健福祉部長。1979年生まれ。大学卒業後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにソーシャルワーカーとして、アルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・虐待・DV・クレプトマニアなど様々なアディクション問題に携わる。

 まるでAVのようなストーリーで女性側からの証言もないため、にわかには信じがたいが、このようなエピソードを語る相談者が何人かいたことは事実だという。

 痴漢サイトなどの影響から幻想と現実が混同している可能性も高いが、その加害者にとってのある種の成功体験(ビギナーズラック)が忘れられずに、頭の中に刷り込まれているため、「またセックスできるかもしれない」と期待しながら、痴漢を繰り返してしまったケースと考えられる。

 また、最近の傾向として、ここ5年ほどは外国人の受診者も徐々に増えてきていると斉藤氏は指摘する。

「相談にくる外国人の多くは、大手企業から転勤してきた方やIT技術者などのいわゆるエリート層。母国では性犯罪歴がないのに、日本に長期滞在する期間で日本特有の満員電車で偶然女性の身体に触れてしまったことをきっかけに、痴漢行為を学習し常習化するケースが多いのです」

 実は、「痴漢」という言葉は外国にもかなり広まっているという。

「不名誉なことですが、今では『Chikan』という言葉は『Tsunami』や『Ramen』のように世界共通語になりつつあります。その理由は、痴漢を題材にした日本のAVが無料アダルトサイトで世界中で観られているからでしょう。日本のいわゆる痴漢モノAVが痴漢行為の引き金になっていた例もありました」

 被害者側の女性からすれば、言葉も通じないような外国人に痴漢されるとなると、さらなる恐怖心で声もあげづらい。これからも日本に外国人が増えてくることは確実なので、痴漢も同様に増えてくる可能性はあると斉藤氏は指摘する。

再犯率が高い痴漢
カナダが採用している有効策とは

 これほど社会問題化している「痴漢」に対して、これまで有効な対策がほとんどされてこなかったのはなぜなのか。

「やはり先ほどもお伝えしたように、痴漢を性欲の問題に矮小化することで『性欲が強いのならどうしようもない』という誤解を生んでいることが大きいと思います。また、たとえば母親が娘に対して『そんな短いスカート履いたら、痴漢に遭うわよ』と注意するのは家庭で見られる光景ですが、『そんな格好をしているから痴漢されても仕方がない』と女性側の自己責任論にすり替える人も多い。加害者のみならず日本社会全体が痴漢行為に対して歪んだ見方をしている象徴的な一例といえます」

 この「女性側にも問題がある」という女性側の落ち度を責める男性側の身勝手な論理が、無意識のうちに日本社会に蔓延していることが、痴漢問題を解決するための具体的な議論が進まなかった理由なのだ。

 言うまでもなく、痴漢行為は立派な犯罪。被害者側の落ち度を責めるのではなく、斉藤氏は「性犯罪は男性の問題であり、あくまでも加害者側である男性をどのように治療につなげていくかが重要」という。日本社会は、これからどのようにして痴漢に対処していくべきなのか。

「痴漢は性犯罪の中でも特に再犯率が高いので、いかに再犯を防止するかが被害者を減らすためには重要です。対応策としては、米国で行われているドラッグコートという、薬物依存から回復させるための制度のように、執行猶予判決とセットにした治療プログラムを組むべきでしょう。カナダでは、出所後に仮釈放の条件として一定期間治療を義務化にしており、もし遵守事項違反をしたら、刑務所に再収監するというシステムを取り、再犯率を見事に下げています」

 もちろん、これまでも行われてきた痴漢防止バッジ、痴漢行為防止を訴える効果的なポスターを電車内に掲示するなど、女性が痴漢する加害者に対して、より声を上げやすい環境づくりも必要になるだろう。

 小池百合子・東京都知事は、2020年東京オリンピック開催までに都内の満員電車解消を目指しているが、これは痴漢撲滅をしていく意味でも重要な施策になるはず。痴漢の正しい認識を社会で共有し、国や鉄道会社、そして専門治療機関が三位一体となって効果的な対策を組織的に行っていくことを期待したい。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ