このページの本文へ

農家の孫が考案、「オーガニックは儲からない」を変える農産物直販サイト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
オーガニック農作物が農家から直送で届く「食べチョク」。最短で収穫当日に届くので鮮度は抜群だ(写真は千葉県・陽だまり農園の太田さん)

 毎日の食生活に欠かせない野菜や果物。なるべく安全な農作物を食べたいという消費者のニーズが高まっている。小さな子どもがいれば、無農薬の食品を購入する家庭も多いだろう。そんな要望をくんで、このところ、安心安全な農作物を直送するサービスが増えている。

 8月に始まった「食べチョク」は、オーガニックの農作物に特化した販売サイト。旬の野菜や果物、白米・玄米といった穀類などが出品されている。現在、全国約100軒の農家が登録しているが、野菜に関しては無農薬栽培品のみ、果物、穀類は特別栽培以上のものに限定されている。

 少し説明すると、通常、オーガニックの農産物は3つの段階に分類される。農薬、肥料、堆肥を一切使用しない「自然栽培」、有機の農薬、肥料だけを使用している「有機栽培」、そして農薬、肥料を使用するが、JASが定める基準値の50%以下に抑えているものを「特別栽培」と呼んでいる。

 出品されているのは、例えばこんな作物。長野県佐久市の農家は、寒暖差を利用した甘味のある高原野菜のセットを。徳島県阿波市の農場は、四国野菜の詰め合わせ。季節によって内容は違うが、ロッサビアンコ(赤白ナス)や黒ピーマンといった珍しい野菜も栽培している。バーベキュー向けに玉ネギ、カボチャ、ピーマンなどのセットや、単品では、白米、玄米、コリンキー(サラダカボチャ)、栄養価が高い発芽ニンニク、西洋梨、緑茶なども。単身者向け、大家族向けのセットに加えて、貴重な伝統野菜もある。

 食べチョクの売りは、なんといっても、その鮮度。朝、収穫した農作物が最短でその日のうちに届く。市場や倉庫を通さないので、短時間でお客さんのもとに届けることができる。当然、鮮度は抜群というわけだ。

農家直送でマージンなし!
農家の孫が考え出した新ビジネス

 無農薬の農作物といえば、スーパーや専門店では値段が高めに設定されている。ウェブで購入しようと思うと、送料もかかり高価となる。しかし、食べチョクでは農家直送なので中間業者のマージンがなく、既存のサイトよりもさらに割安で買うことができる。

 購入したお客さんからは、「葉付きのにんじんが届き、とてもおいしかった」「スーパーでは見かけない珍しい野菜もあって料理が楽しくなった」という声があがっている。手書きの礼状や料理のレシピを同封してくれる農家もあり、温もりを感じるという声も多い。

 この販売サイトを立ち上げたのは、秋元里奈さん(株式会社ビビッドガーデン代表取締役社長)という若き女性起業家である。秋元さんの実家は神奈川県で代々農家を営んでいた。

「祖父の代まで農業をやっていたんですが、私が中学生のときに廃業してしまいました。祖父は無農薬で農作物を作っていましたが、市場へ持っていくと、他のものと一緒にして売られてしまっていたんです。手間や時間をかける割には収益が少なく、農業だけで生活していくのは難しいことを知りました」

 その後、実家の農地は担い手がいないまま、耕作放棄地になっていた。社会人になり大手IT企業に勤務をするようになって3年目、大量の農地があるのに活用ができてない現実に改めて気づく。その背景には、農業従事者の高齢化、新規就農者の減少、販路の限定化など日本の農家が抱える問題があった。

「無農薬野菜や伝統野菜は付加価値が高い農産物ですが、通常のルートでは普通の農作物と一緒に扱われてしまい、相応の価値が認められにくい。これを改善したかったんです。ちゃんと価値を認めてくれるお客さんに届けたい。様々な悩みを抱える生産者の力になりたい。そう考えて食べチョクを立ち上げました」

 収益化や販売ルート作りの難しさも手伝って、日本のオーガニック農家の数は、全体の0.5%しかないのが現実だ。しかし、精魂込めて安全な野菜や果物を栽培している農家ばかりである。

単品生産農家は
法人顧客と相性がいい

 始まったばかりの食べチョクだが、すでに次なる構想も持っている。

「野菜や果物は単品を生産する農家さんが多いんです。そのため他の作物とセットにしにくく、一般向けの販売が難しいのが現状です。こういう農家のために法人向けに単品の販路を広げていきたいと考えています」

 将来的にはコミュニティ・サポート・アグリカルチャー(CSA)事業も立ち上げる予定だ。まだ栽培が開始されていない種や苗の段階からユーザーが契約をして、収穫物を購入する仕組みを考えている。あらかじめ契約をすることで、農家の収入を安定させ、安心して栽培してもらえればとの考えだ。また農業体験を通して子どもたちの食育活動も構想している。

 他にも「Ragri(ラグリ)」というサイトもある。こちらは、農家とユーザーのマッチングをしたり、後継者不足に悩む農家を支援したり、新規就農希望者の窓口になるなど、多彩なメニューで農業を応援している。

 ITで農家とユーザーを結ぶ支援事業。日々の暮らしに不可欠の農作物を、二人三脚で盛り上げ持続させていく試みは、新しい農業のカタチとして大きな可能性を秘めている。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ