このページの本文へ

テレビの音に不満ならソニーの肩掛けスピーカーを試してほしい

2017年10月21日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遅延やドロップの少ない独自のワイヤレス機構

 このスピーカーをワイヤレスで使う場合は、付属の専用「送信機」とペアで使う。テレビでの使用を前提とした製品らしく、送信機の音声入力は角形光デジタル仕様。製品には光デジタルケーブルも付属するので、買ってきたらそのまま接続できる。また、光デジタルが使えない場合のために、ステレオミニのアナログ入力も付いている。

送信機の大きさは約幅76×奥行き45×高さ17mm。光デジタル入力はfs=48kHzのPCMのみ入力可能。送信機の電源もUSBの5V

送信機の裏側。ペアリングスイッチとリセットスイッチがある

 この送信機をスピーカー本体とペアリングして使うが、接続はBluetoothではない。2.4GHz帯の電波を使うのは同じだが、電波の到達距離は見通し約30m、送信機1台に対してスピーカーを2台まで同時接続できる仕様で、Bluetoothよりスペックが高い(なお2台使用する場合は、もう1セット買う必要がある。スピーカー単体での販売はない)。

 メーカーでは「スピーカーと送信機間は音が途切れにくく低遅延なワイヤレス伝送技術を採用」と言っているが、確かにそのとおりで、Bluetoothより接続は安定していて、試用中のドロップは一切感じなかった。遅延が低いのも本当で、ゲームやミュージックビデオの鑑賞にも向いている。

 スピーカー本体は有線接続にも対応し、付属の専用ケーブルを使って、ステレオミニ出力の携帯ゲーム機、スマートフォンやタブレットなどと接続できる。

有線接続はスピーカー本体の左側にあるmicroUSB端子を利用

有線接続には付属の専用ケーブルを使う

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中