このページの本文へ

メディアがあげつらう「トンデモ新入社員」のウソとホント

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「トンデモ新入社員」は増えているか?
アンケート調査でわかった今年の傾向

希望を胸に社会に飛び出した新入社員たち。彼らの中に「トンデモ社員」はどれくらいいるのだろうか Photo:MIXA-Fotolia.com

「今度君の部署に来た新入社員のA君、どう?」「聞いてよ、今度私の部署に来たBさんたらねぇ……」

 毎年春になると、ランチタイムの社員食堂や夜の居酒屋で、ビジネスパーソンたちは新入社員の「品定め」に花を咲かせる。気の毒ではあるが、新入社員の一挙手一投足は、彼らが自覚している以上に、上司や先輩たちから注目を浴びている。仕事や人間関係に疲れ切ったベテラン社員にとって、新入社員の品定めは格好の息抜きなのだ。

 そんな世のビジネスパーソンのニーズを刺激するためか、新入社員が入社してから1ヵ月ほどが経つ、4月下旬からGW頃にかけて増えてくるのが、「トンデモ新入社員」に関する報道である。

「社内視察中の社長に廊下で声をかけられ、『どちら様ですか?』と返した新入社員がいた」「取引先の部長とタメ口で話す新入社員がいて、仰天した」「歓迎会で泥酔して大暴れし、救急車で運ばれた新入社員がいて、困り果てた」――。こうした新入社員のエピソードが紹介された雑誌やインターネットの記事は多い。とりわけ、ゆとり世代が社会に出始めた2008年以降、「トンデモ新入社員が急増している」と同種の報道は過熱した観がある。

 しかし実際のところ、こうした「トンデモ新入社員」は世の中にどれほどいるのだろうか。面白おかしく紹介される彼らのエピソードには、どの程度信憑性があるのだろうか。雑誌やネットの記事を読みながら、疑問を持つ人も少なくないだろう。

 確かに、「こういう新入社員、いそう!」と思っても、自分の会社にいる新入社員を見回すと、そこまで無茶苦茶な人たちにお目にかかることはそうそうない。統計データなどを基にした分析記事が少ないため、「トンデモ新入社員」の実態は判然としない。

 そこでダイヤモンド・オンラインでは、アンケート調査会社・リビジェンの協力のもと、『今年の新入社員に関する意識調査』を実施。全国の20代~50代の会社員200人から、自社の新入社員に対する評価について、詳しい回答を得た(調査日は4月20日、回答の内訳は男性119人、女性81人)。アンケート結果を基に「トンデモ新入社員」にまつわるウソとホントを検証して行こう。

 まず、アンケート対象者に【質問1】として問いかけたのが、「今年の新入社員の言動に対して、驚いたこと、困ったこと、イラっとしたことはありますか」というものだ。

 この質問に対して「ある」と答えた人は全体の41%となる82人、「ない」と答えた人は同59%の118人となり、「ない」人が「ある」人を18%上回る結果となった。この数字を意外と見るか、予想通りと見るかは人それぞれだろうが、少なくとも問題のある新入社員が急増しているわけではなさそうだ。

 考えてみれば、それは当たり前だ。周囲を困らせる新人ばかりを採用しているとしたら、そもそも入社面接や人事部など意味がないのだから。そんな企業はとっくに経営に行き詰まっているだろう。

 ただし一方で、新入社員に対して「驚いたこと、困ったこと、イラっとしたことがある」と回答した人が半分弱いるということも事実である。彼らは具体的に、新入社員のどんな言動を好ましくないと思っているのか。【質問1】で「ある」と回答した人に対して選択肢を提示し、複数回答可という条件のもと、「具体的に新入社員のどんな言動に対して驚き、困り、イラっとしたましたか」という質問を行った(質問2)。

 設けた選択肢の内容については、世間の「トンデモ新入社員」に関する記事などで紹介されることが多い例を参考にした。この回答から「トンデモ新入社員」の実態が浮かび上がってくるだろう。

「挨拶をしない」「タメ口で話す」
ベテラン社員がイラっとする言動の数々

 まず、回答者数が20人以上と最も多かった選択肢が、「挨拶をしない」(31人)、「上司、先輩、取引先とタメ口で話す」(26人)、「何度同じ仕事を教えてもできない」(23人)というもの。

 次に多かった選択肢は、回答者数が10人~20人前後のもので、「服装や髪形がだらしない、社会人らしくない」(18人)、「仕事でミスをしたときに、言い訳ばかりして素直に謝らない」(18人)、「間違った敬語を使う」(17人)、「仕事中の私用メール、私用電話が多い」(16人)、「連絡なく遅刻・欠勤をする」(14人)、「指示した仕事を素直にやらない」(13人)、「報告・連絡・相談をせずに仕事を勝手に進める」(11人)、そして「入社から1ヵ月も経たないうちに辞めてしまった」(9人)というものだ。

 これらを見て気づくのは、回答数が多かった選択肢に「挨拶をしない」「タメ口」「間違った敬語」「言い訳ばかり」「ホウレンソウがない」など、コミュニケーション能力に関するものが目立つことだ。「最近の若者はコミュニケーションをとるのが苦手」と言われることからも、うなずける結果と言える。とりわけ「目上の人にタメ口」は、ベテラン世代の常識とはかけ離れた若者特有の傾向だろう。個人的にも「これはマズイだろう……」と感じる。

 とはいえ、ここで紹介した言動をとる若者たちがみな「トンデモ」かと言えば、そうとは言い切れないのではないか。

 よく見ると、回答数上位の選択肢のなかには、新入社員の課題とばかりは言えないものが多い。たとえば、挨拶ができない人、仕事の物覚えが悪い人、指示した仕事を素直にやらない人、服装や髪形がだらしない人、ホウレンソウが苦手な人、私用メール・私用電話ばかりする人、電話をとらない人などは、ベテラン社員にも普通にいる。これらは新入社員ばかりでなく、ビジネスパーソン全てが襟を正さなくてはいけない課題だろう。

 にもかかわらず「困った新入社員」の特徴としてこれらのポイントが多く挙げられる背景には、「新人なんだから、品行方正を心がけるのは当たり前」という、ベテラン社員の「上から目線」が読みとれる。ただでさえ新人は、仕事や人間関係で要領を得ないことが多いもの。それを割り引いて考える必要はありそうだ。

 一方、「連絡なく遅刻・欠勤」「入社から1ヵ月も経たないうちに辞めた」など、社会人としての資質そのものに疑問符が付く若者も確かにいるが、その数は特別に多いとは言えない。こうしたインパクトのある言動をとる若者が一定数いることにより、「新入社員=トンデモ」というイメージが、いささか誇張されて語られる側面もあるように思える。

いい加減な人もいれば丁寧な人もいる
今年の新入社員の印象は総じて「まじめ」

 イメージとのギャップは、もう1つの質問の結果からもうかがえる。【質問1】で「今年の新入社員の言動に対して、驚いたこと、困ったこと、イラっとしたことはない」と回答した人に対し、「今年の新入社員の言動に感心したこと、頼もしく思ったことは何ですか」(質問3)と問うたところ、【質問2】で多くの回答者が問題視した言動とは逆の言動をとって評価されている若者も多かったのだ。ちなみにこの質問における選択肢の内容は、意識的に【質問2】のそれとは裏表の関係になるよう、設定してある。

 たとえば、回答は多い順に「挨拶がきちんとしている」(25人)、「指示した仕事を一生懸命こなしてやり遂げる」(16人)、「上司や先輩の指導を素直に聞く」(10人)、「上司、先輩、取引先との話し方が丁寧」(8人)、「仕事でミスをしたときに素直に謝る」(7人)となった。

 同じ新入社員でも、目上の人に対してタメ口で話す人もいれば、丁寧に話す人もいる。仕事でミスをして素直に謝る人もいれば、非を認めたがらない人もいる。当たり前の話だが、同じ状況下でもとる行動は人によって違うのだ。

 ただしこの質問においては、「特に感心したことはない」という回答者が60人と最多になった。右も左もわからない新人にとって、そもそも会社で上司や先輩を感心させることは難しい。ベテラン社員にとって彼らはまだ「評価の対象外」であることも、事実なのだろう。

 それでは、こうした新入社員たちのパーソナリティを、職場の上司や先輩たちはどう捉えているのか。いくつかの選択肢を設け、アンケート参加者全員に対して、「今年の新入社員はどんな印象の人が多いですか」(質問4)と問いかけてみた。

 結果、最も多く選ばれたのは「まじめ」という選択肢で、回答者数は70人に上った。それに対して、逆のイメージの「フランク、世慣れしている」という回答は29人に留まっている。他を見ても、「消極的・内向的」(29人)、「バランスが悪い」(20人)とまじめな新入社員像をイメージさせる回答に対し、「積極的・社交的」(23人)、「バランスが良い」(15人)などの回答は比較的少なかった。

 やはり、上司や先輩が手を焼いたり、気に食わなく思ったりする新入社員は、想像するほど多くないのかもしれない。これは【質問1】で、今年の新入社員に「困った人が多い」と回答した人の割合が意外に少なかった結果とも符合する。

 ただし、見逃してはならないことがある。それは、必ずしも「まじめだからよい」とは言えないことだ。興味深いのは、【設問5】として「最近の新入社員について、昔の新入社員と比べて『変わった』と思うところがあれば、それは何かを教えてください」と問うたところ、最近の若者を「消極的」とネガティブに評価する回答が数多く出てきたことだ。代表的な意見を紹介しよう。

「積極性がなく、指示待ちばかり」(34歳女性/技術系/兵庫県)、「元気がない、覇気がない」(35歳男性/技術系/福岡県)、「はきが無いのでやる気がみれない」(47歳女性/営業系/福岡県)、「学ぶものではなくて、教わるものだと思っている」(37歳女性/技術系/千葉県)、「ガツガツした人がいなくなった。自己主張と我儘を間違えてると、感じる人が多いような。しかし、優秀な人はかなり優秀」(34歳女性/事務系/愛知県)、「自分の仕事領域を超えることはしたがらない」(30歳女性/事務系/東京都)

まじめさと消極さは表裏一体
まじめゆえの「トンデモ社員」も?

 一般的に、まじめさと消極的な性格には相通じるものがある。そのことが悪い方向に作用して、まじめゆえに上司や先輩に評価されない若者が少なくないのかもしれない。

 さらに言えば、消極性を伴うまじめさが「トンデモ言動」の引き金になっているケースも考えられ得る。

 たとえば【質問2】において、新入社員の言動に「困った」という回答結果が多かった選択肢のなかに、「挨拶をしない」「電話をとらない」「仕事でホウレンソウがない」「連絡なく遅刻・欠勤をする」というものがあった。挨拶やホウレンソウをしないこと、電話をとらないことについては消極的で照れ屋だから、無断遅刻・欠勤については周囲の目を気にするあまり、事前に遅刻や休暇願いを上司に言い出しずらかったから、という心理が働いていたと仮定することで、ある程度説明がつきそうだ(もちろん、そんなことでは社会人として困るのだが……)。「トンデモ社員」の中には、こうしたタイプの人もいるかもしれない。

 いかがだろうか。これまでの調査結果を通じて浮かび上がってくる今年の新入社員像をまとめると、次のようになりそうだ。

 (1)上司や先輩から「トンデモ新入社員」と見なされている人は、想像するほど多くない。
(2)「トンデモ」な人も一定数いるが、総じてまじめな人が多い。
(3)ただし、まじめな人が必ずしも周囲に評価されているわけではない。まじめさゆえにうまく行かない人もいる。

 こうした今年の新入社員を「消せるボールペン型」と形容するのが、公益財団法人日本生産性本部である。足もとの就活戦線は以前よりも好転したとはいえ、彼らは在学中に、就活中の先輩たちが内定を取れずに疲弊している状況を目の当たりにしてきた。就活への危機感はことのほか強かったはずだ。だからこそ、世の中の変化に対応できる柔軟性を持っていることが、最大の特徴なのだという。これを、「消せるボールペン」のように何回でも書き直しができる機能に例えているわけだ。

 こうした不安な時代を過ごしてきたため、昨今の新入社員はリスク意識が高く、職場で嫌われて居場所を失わないよう、「まじめ」に生きている人が多いのかもしれない。それも柔軟性の表れなのだろう。

新入社員に大して過度に気を遣う
上司や先輩のフラストレーション

 それでは、上司や先輩はそんな彼らとどのようにつき合っていけばいいのか。日本生産性本部によると、もし上司や先輩が不用意に熱を入れて過剰な熱血指導をすれば、新入社員の個性を消してしまう可能性もあるという。消せるボールペンは文字が「消える」のではなく、文字を擦るとインクの色が摩擦熱で「透明」になるという仕組み。新入社員もそれと同じだというのだ。自身の個性さえも柔軟に消してしまう彼らの扱いは、口で言うほど簡単ではない。

 そこで当調査では、「新入社員に対する指導やコミュニケーションで、あなたが特に気をつけていることを教えてください」(質問6)という質問も投げかけてみた。その回答結果をお伝えしよう。現在、新入社員の育成に悩んでいるビジネスパーソンは参考にしてほしい。

「親しみやすい言動をする」(35歳男性/技術系/愛知県)、「上司風を吹かせないように気をつける」(35歳男性/事務系/千葉県)、「きつく叱らないでできるだけ褒める」(34歳男性/営業系/大阪府)、「苛々を顔に出さない」(22歳女性/事務系/兵庫県)、「相手の身になって指示する」(40歳男性/技術系/北海道)、「全てこちらから教えるのではなく、質問で誘導するようにして考えさせる」(30歳女性/技術系/東京都)

 このように回答からは、世間の上司や先輩が新入社員に対して、想像以上に気を遣いながら接している様子が見て取れる。こうした回答が圧倒的多数を占める一方、「熱血型の指導をしている」という回答は皆無に近かった。やはり、「最近の若者は難しい」「昔とは付き合い方が違う」ということを、多くのビジネスパーソンは肌で感じているようだ。

 なかには、「相手を宇宙人だと思う事にしてます」(46歳男性/会社役員/島根県)、「今の若い子らに高い期待を持っても無理なので、やる気がある子にはドンドン知恵をかして色んな技術とかを教えてあげるし、そうじゃない人には取り敢えず気を使って辞めないように最低限の事をしてもらうようにこっちが遠慮しています」(42歳男性/自営業/兵庫県)という、達観した意見も。これでは、まともな新人育成ができるかどうか不安になる。

 厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた昨今の新入社員には、優秀な若者が多いことは確かだ。彼らの目線に立ち、いかにうまくモチベーションを上げ、会社に必要な人材に育て上げるか。今や上司や先輩たちのほうが、若者に気を遣わなくてはいけない時代となっている。

「僕は見た」「私も見た」とトンデモ新入社員に関する報道が増え続ける背景には、そうしたベテラン社員たちのフラストレーションが関係しているのかもしれない。これからもトンデモ新入社員ネタは、ビジネスパーソンの「大好物」であり続けるのだろう。

(ダイヤモンド・オンライン 小尾拓也)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ