このページの本文へ

ファーウェイ通信第58回

大画面なのにスリムボディー! 臨場感あふれるDolby ATMOS Sound Systemにも対応!

貴重な良コスパ&薄型モデル! 15.6型ノートPC「HUAWEI MateBook D」レビュー

2017年10月11日 12時00分更新

文● 加藤肇 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホ感覚の狭額縁ディスプレーが魅力的
軽めの3Dゲームなら十分に動作する性能もうれしい

 続いては、HUAWEI MateBook Dの特徴の1つであるディスプレーについて見ていく。前述したとおり、15.6型のIPS液晶を搭載しており、解像度はフルHD(1920×1080ドット)。左右178度の広視野角となっており、輝度は250nitだ。

 また、両サイドのベゼル幅が6.9mmと非常に狭いのも注目すべきポイントだ。この結果、画面占有率は83%を実現。フットプリントも約358(W)×239(D)mmとなっており、一般的な14型ノートPCとほぼ同等のサイズに仕上がっている。

 ディスプレー関連の技術としては、ファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu」が採用されている。これはファーウェイがタブレットで培った技術で、HUAWEI MateBook DはClariVuに含まれる、画面から出るブルーライトをカットして目の疲労を軽減する「ブルーライトカット アイケア」機能を搭載。夜間に自動的にオンにする設定も可能だ。

ClariVu技術によって、ディスプレーの表示を最適化してくれる

 大画面ノートPCの主な用途としては、動画視聴のほか、ゲームも考えられる。そこで、ゲーム系のベンチマークソフトも2つ試してみた。まずは「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.5」だが、以下のような結果だ。

1280×720標準品質 スコア6875 評価:快適1920×1080標準品質 スコア3436 評価:普通

 続いては、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」。

1280×720高品質(ノートPC) スコア4745 評価:快適1920×1080標準品質(ノートPC) スコア3751 評価:快適

 いずれも、解像度1280×720ドットであれば、快適にプレイ可能だ。また、解像度を1920×1080ドットに上げても、画質設定を変更すれば問題なくプレイできる。NVIDIA GeForce 940MXは純粋なゲーム用GPUではないが、ゲーム用途でも軽めのものであれば満足して楽しめるだろう。

大型ノートPCなのに薄型筐体が魅力的
ACアダプターも小型なので会議室への移動も楽々

 HUAWEI MateBook Dのデザインについてもチェックしていく。

高性能、そしてお買い得なモデルであるにも関わらず、軽量でもある
2kgを切っているので、会議室への移動は楽だ

 HUAWEI MateBook Dを手にしてみて、まず驚くのはその薄さだ。本体の厚みは約16.9mm。本体重量も約1.9kgと軽量なため、社内での移動はもちろん、外出先への持ち運びも十分に可能だ。

ACアダプターもコンパクト

 また、ACアダプターが非常にコンパクトになっていることにも注目したい。サイズは、筆者の実測値で約60×60×28.5mm(プラグ部をのぞく)。ケーブルを含めた重量は約182g(筆者による実測値)と軽く、これなら本体とともに気軽に持ち出すことができそうだ。

スペースグレーの筐体はシックで、かつ実用的な印象

 本体カラーはスペースグレーの1色。デザインの方向性としては、ビジネスシーンにもマッチするシンプルかつエレガントなスタイル。アルミニウムを用いたフルメタルボディーが印象的で、エッジ部分のダイヤモンドカット加工もファーウェイ製品ならではの要素でうれしいポイントだ。

なお、キーボードは英語配列のみが用意されている
ファーウェイ「HUAWEI MateBook D」の主なスペック
ディスプレー 15.6型液晶
画面解像度 1920×1080ドット
CPU Core i7-7500U
(2.7GHz、最大3.5GHz)
グラフィックス GeForce 940MX
メモリー 8GB(DDR4)
ストレージ 1TB HDD
サイズ 約358×239×16.9mm
重量 約1.9kg
端子 USB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI、イヤフォンジャック
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)、
Bluetooth 4.1
バッテリー 43.3Wh(約8.5時間駆動)
カラバリ スペースグレー
OS Windows 10 Home 64ビット
市場想定価格(税抜) 9万9980円

この連載の記事