このページの本文へ

マンション立体駐車場の安全対策は当面、進まない

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マンションの機械式立体駐車場は便利だが、事故と隣り合わせの危険をはらむ。国も対策に乗り出したが法規制は難しい。住民の費用負担も課題となって、当面は進みそうにない。

 2012年7月、岩手県花巻市のマンションにある機械式立体駐車場で、4歳の幼稚園児が乗用車を乗せる台座と壁の間に挟まれて亡くなった。場内に男児がいることに気付かなかった母親が、誤って台座を動かしてしまったからだ。

2012年に起きた大阪府茨木市の事故現場。3歳の男児が犠牲になった
Photo:毎日新聞社/アフロ

 同じ年の4月には大阪府茨木市のマンションでも3歳の男児が機械式立体駐車場で死亡した。母親が操作している最中に台座に飛び移り、隣の台座との間に挟まれたからだ。台座に入れないよう遮る柵は、設置されていなかった。

 狭いスペースでも効率的に乗用車を収容できる機械式立体駐車場は便利だが、事故が絶えない。公益社団法人立体駐車場工業会のまとめでは、07年6月から今年1月までの事故件数は207件。発生場所が特定できたうち、マンションの駐車場での事故が4割を占め最も多い。死亡事故は10件で、駐車場内に人がいると気付かず操作したケースが多い。とりわけ、両親による操作で子供が犠牲になる事故は痛ましい。

 国土交通省は今年3月、メーカーや設置者向けに「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドライン」をまとめた。各メーカーはすでに、ガイドラインに準拠した製品を出荷しているが、既存のマンション駐車場は、対策がなかなか進んでいない。対策の費用を誰がどのように負担するかという問題があるからだ。

 分譲マンションでは通常、建物や駐車場の維持管理費、修繕費などを住民から管理費として徴収し、住民代表でつくる管理組合が管理する。不動産市場が盛り上がりを見せていた2000年代前半ごろ、駐車場利用料は“ダンピング競争”が起きていた。

 マンション管理組合向けのコンサルティングを手掛けるさくら事務所の土屋輝之コンサルタントによると、中堅クラスのデベロッパーを中心に、マンション本体を売らんがために、駐車場利用料を無料にしたり、過度に割り引くケースが横行したのだ。

 機械式立体駐車場のランニングコストは乗用車1台当たり月間数千円。これとは別に修繕積立金は、30年間で1台当たり月額7000~1万4000円掛かる。従って、利用料が無料のマンションでは、ランニングコストがマンションの管理組合の会計そのものを圧迫している。

 利用料を徴収していても、若年層の車離れで空きスペースが増え、その分だけ利用料収入が減少。修繕積立金が足りず、安全対策に回す余裕はない。

 立体駐車場工業会によると、1階部分に柵を設けるコストは乗用車3台分で320万円。上下3台駐車できる昇降機を横に30機並べた場合、合計3200万円を要し、1台当たり約35万円。住民が容易に負担できる金額ではない。

 そもそもマンション本体の修繕積立金も、新築・販売時に過少に設定されていたケースが多い。「ガイドラインをきっかけにマンションの管理会社が組合に対し、安全対策を持ち掛けてはいるが、それどころではないと言われることが多い」と土屋氏。

 結局、台座の手前にチェーンを付けたり、床を黄色く塗って注意を促すなど、わずかな対策にとどまっているようだ。

管理費の実態不明
放置されれば老朽化で事故も

 しかも、ガイドラインには法的拘束力がない上、対策への国の補助もない。そもそも、マンションの駐車場に関する利用料や修繕積立金の実態を示すデータもないのが現状だ。国交省は5年に1度、「マンション総合管理調査」を実施しているが、これは管理費全体の滞納率や、建物の長期修繕計画の有無など概略にとどまる。

 大規模な機械式立体駐車場の設置時期や安全対策の現状は、国交省が自治体を通じて6月に取りまとめた。マンションなどの小規模なものは、立体駐車場工業会が早ければ今月にも国交省に調査結果を報告するが、利用料や修繕積立金は調査対象になっていない。

 一方である国交省関係者は「既存のマンション駐車場は対策を義務化できない」と打ち明ける。例えば建築基準法改正前の建物を、現在の耐震基準に合わないからと国が取り壊しを強制することはできない。これと同様の扱いになるのだという。

 だが放置し続ければ、管理組合の資金不足で安全対策どころか、必要な検査や修繕にも事欠き、利用者の操作ミスではなく老朽化による事故も起きかねない。15年ほど前には実際に古い機械式立体駐車場で、ロープが切れるなどして乗用車を載せた台座ごと地下に落下する事故が相次いだ。

 住民任せには限界があり、このままではリスクが増えていくだけだ。実効性のある対策を急ぐべきだろう。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ