このページの本文へ

オリンパス、デジカメ事業に誤算で医療一本足へ 笹 宏行オリンパス社長に聞く

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

損失隠しで屋台骨が揺れた会社の立て直しを託されて丸4年。2012年に就任した笹宏行社長の下で策定された20年度までの中期経営計画が4月から走りだした。(「週刊ダイヤモンド」編集部 村井令二)

「信頼を回復しつつあり、経営再建にめどを付けた」。3月30日、都内のホテルで開かれた中期経営計画発表の席上でオリンパスの笹宏行社長はそう宣言し、「第2次笹路線」ともいえる経営方針を説明した。

 目を引くのは、主力の医療事業への一段の集中だ。2020年度の連結売上高目標1兆1000億円のうち、医療の売上比率は82%を占める。

拡大する

 損失隠しで有罪判決が確定した菊川剛元会長兼社長は在任中、カメラ、医療の2事業に次ぐ柱の事業を打ち立てることを名目に新規事業への投資を続けたが、それが損失の隠れみのに利用された事実が発覚。笹社長は、そうした「負の遺産」を徹底してそぎ落とし、携帯電話販売事業のITXを売却するなど旧経営陣が手掛けた新規事業を相次ぎ処理。オリンパスの長年の課題とされた「第3の柱」の必要性を否定し、開き直るかのように、医療中心の事業構造を4年間で徹底してつくり上げた。

 ただ、過去4年間で誤算だったのはデジタルカメラ事業だ。スマートフォンに押されて想定以上にカメラ市場が縮小し、事業損失を止められなかった。15年度はリストラで6年ぶりに収支を均衡させるが、今後もさらに身を縮める計画で、20年度には連結売上高の5%程度にまで縮小する。「カメラ女子」文化の火付け役になった「PEN」、高級一眼で小型軽量化のニーズを取り込んだ「OMD」など商品面で存在感を放ちながらも、デジカメ事業の社内での位置付けは低下しそうだ。

 半面、中計では「医療で世界トップ」を目標に掲げ「医療のオリンパス」をより鮮明に打ち出している。世界シェア70%の消化器内視鏡に加え、外科、泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科の各分野で内視鏡や治療器具のシェア拡大を狙い、症例ごとに多角化する計画だ。

強気の外科用市場に「巨人」

 特に重視するのが、ソニーと共同開発した「4K」内視鏡など外科分野。だが、外科用内視鏡の世界シェアは、米ストライカー、独カールストルツに次ぐ地位に甘んじる。また、外科用電気メスなど「エネルギーデバイス」の市場は、米メドトロニック、米ジョンソン・エンド・ジョンソンら「医療の巨人」が立ちはだかる。

 外科用内視鏡の市場成長は年2~4%、エネルギーデバイスは年3~5%にとどまるが、オリンパスはそれぞれ、年10%、年14%の成長を見込む。田口晶弘医療事業統括役員も「チャレンジングな目標」と認めるほどの強気の計画で、達成を疑問視する声が早くも上がっている。

 果たして「医療のオリンパス」に勝算はあるのか。次ページで笹社長に直接聞いた。

ささ・ひろゆき/1955年生まれ。82年入社、医療部門を経て2012年4月より現職。Photo by Masato Kato

──2020年度までの中期経営計画では、医療だけが突出した“一本足”の事業ポートフォリオになります。グループの事業バランスをどう見ていますか。

 医療を一つの事業と見れば確かに突出しています。しかし、医療の中で細分化した五つの事業部と、映像事業や科学事業を比較すれば、それほどアンバランスではないでしょう。

 デジカメ事業は規模が小さくなっても「全社の技術のドライバー」です。デジタル化はカメラで先行して始まって、その技術は医療のデジタル化に生かされました。今やデジカメでモバイルやクラウドの技術は当たり前ですが、その技術も次の医療事業で展開されます。デジカメの大量生産技術も、今後強化する医療の消耗品ビジネスに転用されることになります。

──映像事業はかなり縮小する計画ですが売却は考えていませんか。

 全く考えていませんね。もし売却してしまったら、医療に応用できる技術プールがなくなってしまう。それなら医療事業の技術開発を強化すればいいだけではないかといわれますが、それは机上の空論。やはり、製品を厳しい市場に投入して磨かれないと、実体を伴った技術は開発できません。

──医療事業では、消化器内視鏡に圧倒的な強みがありますが、外科用分野で市場成長を上回る高い計画をどう実現していきますか。

 外科用内視鏡では、ソニーと共同開発した「4K」内視鏡の製品力が競合を圧倒しています。4K映像を見た医者はもう従来製品には戻れないでしょう。世界シェア1位はストライカー、2位はカールストルツ。市場成長を上回る伸びを目指すということは、他社のシェアを奪うということですが、実はカールストルツとオリンパスは僅差。そして、上位2社とも4K技術に達していないので、まずはカールストルツを追い抜くことはできるでしょう。

 一方で、エネルギーデバイスはまだ事業として始まったばかりで、メドトロニックとジョンソン・エンド・ジョンソンの2強に引き離されているので、何とか2番手に近づきたい。それでも、オリンパスの「サンダービート」という電気メス製品は他社が追い付いていない切れ味と止血能力があるので、この分野のシェアも伸ばせるとみています。

──「医療分野で世界トップレベルのプレーヤーになる」と表明していますが、メドトロニックがコヴィディエンを買収するなどメガ再編の動きにどう対抗しますか。

 規模を追求するメガ再編には乗りません。その真逆を目指します。規模を拡大して、いろいろな製品をワンストップでサービスするという戦略では、価格競争に入って利益が薄くなってしまう。患者や病院にメリットのあるものを作り出して、それに見合った対価を頂くという基本のビジネス以外では生き残れないと思っています。

 今後5年間で、M&Aも活用しますが、「飛び地」には行きません。シナジーのない場所を買収してもいいことはない。ただ、巨額のM&Aを想定していないとは明言しません。本当に必要な案件が出てくれば、必要な借り入れはします。医療だけではなく、産業分野で非破壊検査の製品も伸びていますから、そうした成長分野でのM&Aも選択肢として考えています。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ