このページの本文へ

「肉食系」外資金融も長時間労働抑制、働き方改革の余波で

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Photo:DW

議論が活発な「働き方改革」の余波は、今や肉食系・キャリア志向の猛者が集うはずの「外資系金融機関」にまで及んでいるようだ。シティグループ日本法人が勤怠管理強化を決めた理由や、外資金融マンのホンネに迫った。(「週刊ダイヤモンド」編集部 竹田幸平)

「外資系金融機関」といえば、仕事一筋でバリバリ働くキャリア志向の猛者が集まるイメージを持つ人も多いだろう。特に、企業のM&A(合併・買収)やIPO(新規公開)に関わるアドバイザリー業務、株式や債券の引受業務などを担う「投資銀行部門(IB)」では、とりわけ若手において膨大な資料づくりなど作業量が多く、連日連夜仕事に追われる“激務の象徴的な存在”と目されている。

 翻って、今の日本。政府などの動きをみると、長時間労働の是正や労働生産性の向上を目指す「働き方改革」の議論が活発だ。2015年12月に過労で自殺した電通新入社員の高橋まつりさん(当時24歳)を巡り、労働基準監督署が昨年9月に労災認定して世間からの注目度が高まったこともあり、働き方を再考する日本の大企業が増えつつある。

 実はこうした働き方改革の余波が、今や外資系金融にも押し寄せている。直近では、法人向けの銀行業務や投資銀行業務などを展開するシティグループの日本法人が、8月28日に本社機能を丸の内から大手町のビル内に移転したのに合わせ、勤怠管理を強化していくことが分かった。日本の拠点で働くグループの全社員が対象になるという。

 外資系金融の社員は基本的に年俸制で、出勤時間が増えても、残業代が上乗せされるわけではない。ただシティ側は「社員の健康に過度なリスクが及ばない」ために、との名目で、会社側がこれまでより出退勤の時間を厳格に管理し、むやみに長時間働く人が増えないように仕組みを改める。

 国内における「働き方改革」の機運の高まりも後押しする形で、米ゴールドマン・サックス証券や英バークレイズ証券、仏BNPパリバ証券といった、他の名だたる外資系金融の日本法人でも、このところ社員の勤怠管理を強化する流れにあるという。例えばある外資系証券では、出勤状況をマネージャーに報告する社内ルールについて、以前は四半期に一回実施していたものを、直近では一ヵ月に一度報告する形に切り替えた。

 各社とも法令に則り、基本勤務時間から月100時間超の時間外・休日労働が生じた場合、産業医と面接するよう社員に指導している。ある外資系証券のエコノミストも最近、資料を読み込むために土日出勤がかさみ、産業医と面談する羽目になった。同氏は「10年ほど前と比べて、長時間労働への会社からの締め付けは厳しくなったと感じる」と打ち明ける。

投資銀行の働き方改革はグローバルな流れ
薄れたかつての「花形」イメージ

「ワークライフ・バランス」を重視する方向性は、何も国内に限ったことではない。

 2013年にバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのロンドン事務所でインターン生が「3日間連続徹夜」の末に急死した事件を境に、投資銀行マンの働き方を見直すべきだとの声が欧米の間で高まった。これを受け、シティグループなどでは数年前から、会社のグローバルな方針として「プロテクテッド・ウィークエンド」と呼ばれる制度を導入。仕事量が多くなりがちな入社数年の若手社員は毎週、金曜夜から日曜午前まではオフィスに入れないことになった。週末は仕事をせずに、しっかりリフレッシュ時間を設けるとの趣旨だ。

 とはいえ、仕事量が以前と比べて変わったわけではない。本国との会議は時差が発生するため、自宅から会議ネットワークに参加できる仕組みなどが導入されているものの、重要書類は持ち帰ることが禁じられている。それだけに、働き盛りの若手からは「週末にもっと出社してインプットを増やしたい」といった声もあがっているという。望んで長時間働く人も少なくない外資系金融の関係者の間では、「長時間労働=悪」とみなすような現在の議論の方向性に、違和感を抱くこともあるようだ。

 振り返ればリーマンショック以降、日本拠点での業務範囲を縮小する外資系金融が相次いだ。給与もピーク時とは程遠い水準に下がり、エリートたちがこぞって外資系金融機関に就職を希望したかつての「花形」のイメージはかなり薄れつつある。自ら業界を去る者も後を絶たず、各社とも優秀な若手人材の確保に腐心しているとの声も漏れ聞こえてくる。

「金曜夜は西麻布に繰り出して飲み明かす、そんな派手好きはもうほとんどいない」。ある中堅外資金融マンは神妙な面持ちだ。最近では、新入社員の気質もワークライフ・バランスを重視する堅実な“草食系”に変わりつつあると実感しているという。肉食系の外資金融の気質とは本来、相容れないような働き方の議論と並行し、最近の若手社員にありがちな“安定志向”の波が、この業界にまで押し寄せてきたようにも映る。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ