このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

上野優華の“e☆音”探し〜イヤホン・へッドホン〜第1回

いい音は自分で手に入れる、上野優華が自腹でイヤホン選び (4/4)

2017年08月25日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

何を選ぶ、真剣に悩んで決めた自分のためのイヤホン選び

 候補機種が絞り込めたところで、じっくりと試聴してみます。まずはヘッドホンから。価格的には少し高めのOV-1ですが、音質面での満足度が高かった様子。

上野 「ヘッドフォンは空間が広く感じられていいですね。しかもかわいい! 音の位置が左右にしっかりと分かれるし、低音も強くしっかりしていますし、前から飛んでくる感じで、すごくいいですよね~」

 次にCrusher Wireless。やはりインパクトのある製品で、改めて聴いても「これすご~い」と連呼。「すご~~~~い」。

上野 「(ライブや映画館で)体が感じる振動をヘッドフォンが表現してくれます。ハマったらこれしか聴けなくなるかも知れませんね。でも、移動中にライブの音源を聴いたら、ノリが良すぎていきなり踊り出してしまうかも……。ヘッドフォンの概念を崩す製品です。低音の量も変えられます。映画も見たりする、多趣味な人にいいかもしれません。4DXの映画感で観ているような(映像と連動した)振動がバンとする感覚に発見がありました!」

 TT-BH07とBeat-Inはデザインに関心があった様子。特にTT-BH07に関しては高評価。

上野 「着け心地が好きですね。(イヤホンを装着して音楽を再生)あ~、なるほどね! めっちゃきれいなサウンドなんですけど、安定型だなと。バランスがいい感じに整って聴こえました」

 そして本命となる1MOREとMUIXの製品へ。

上野 「これ(1MORE Piston Classic Pink)は目を付けてたんですよ! 音もいいな。ボーカルが前に出る感じで、バランスがよくて……。私は耳が小さいので、この製品のようにできれば小型のほうが嬉しいし、耳にフィットしていていいです。(使い勝手では)リモコンが付いているのもすごくいいです。装着感や機能など、トータルでみて長く使える機種に感じました。ボーカリストなので、声がよく聴こえるイヤホンは評価が高いです」

1MORE Piston Classic PinkとIX5000を手にしながら、悩む~

 一方、IX5000については、音楽を再生してすぐに「う~ん、これかなぁ。これの気がしてきた……」とコメント。でもPiston Classic Pinkの良さも捨てがたいようで「はっ、あはっ、どーしよう!!!!」と困惑。

上野 「(IX5000は)バックの楽器の低音感に加えて、ボーカルの低音もしっかり出てますね。ライブで使う際、好きなモニターの返しの設定があるんですけど。ライブではボーカルのローを出してもらうようにお願いすることが多いんです。その印象に近いですね。(試聴した自分の楽曲で)歌い出しの“ツっ”ってなる音などもしっかり出していますね」

 最後の2機種に絞り込んだもののなかなか決められない上野優華さん。Piston Classic PinkとMUIXと交互に聴き比べながら「あ~、悩む~!!」とe☆イヤホン側で用意したAK380を持ちながら絶叫。しかし時間にも限りがあり、スタッフに促される形で、最終的な結論を決める時間に。決断をお願いします。

上野 「そろそろ、決着を付けようと思います。音の良さ、耳のフィット感、そして見た目の要素も含めて1MOREのPiston Classic Pinkにします!」

 お買い上げありがとうございました。このイヤホンを使って、いい音楽をたくさん聴いてくださいね!

上野優華:プロフィール

 徳島出身の歌手・女優。2012年「KING RECORDS Presents Dream Vocal Audition」において、1万人を超える応募者の中を勝ち抜き、ファイナリスト最年少(当時14 歳)で見事グランプリ『Dream Vocalist loved by ヤングマガジン賞』を獲得し、キングレコードからメジャーデビューの切符を掴んだ。

 曲調によって自在に声色を変える“オーロラボイス”とよばれる歌声で、歌詞の世界観を繊細かつ力強く歌い上げ、19歳とは思えない表現力とパフォーマンスが高く評価されている。

 別冊少年マガジンにて連載中の人気漫画の実写ドラマ・映画「トモダチゲーム」のエンディングテーマに「友達ごっこ」が起用、本人も「水瀬マリア」役で出演中。

上野優華 Hi-Res Best Selection配信中

「友達ごっこ」を含む全15曲をコンパイルした「上野優華 Hi-Res Best Selection」を配信! レコチョク、e-onkyo music 他、主要ハイレゾ配信サイトにてダウンロードできます。


■関連サイト

ライブで好評のカバー曲「しるし」の配信決定

 また、上野優華のアコースティック・マンスリー・ライブで披露したMr.Childrenの名曲「しるし」のカバーが音源化リクエスト多数につき、配信リリース決定! 9月1日から音楽配信サイトにてダウンロード可能です。

オフィシャルTwitter:@yuuka_official
オフィシャルLINE:@yuuka_ueno
オフィシャルInstagram:yuukaueno0205

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ