このページの本文へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう 第28回

Drobo 5N2の自動バックアップ「Drobo DR」を色々テスト

Drobo DR再び-ディザスタリカバリーの実地訓練

2017年08月31日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ディザスタリカバリーの実地訓練をやってみる

 実際にトラブルが起きて、(Drobo DRのソースに設定したほうの)Drobo 5N2が使えなくなった場合のリカバリーの実地訓練をやってみた。ここからは、作業の都合でMacを使っているが、Windowsでも大枠は変わらない。

 本当にDrobo 5N2を壊すわけにもいかないので、LANケーブルを外してアクセスできない状態にする。すると1分程度経過したのち、Finder上からもDrobo DashboardからもDrobo 5N2が見えなくなる。ディザスタ発生である。

ディザスタ発生! ソース側のDrobo 5N2が見えない!

 この状態でもターゲット側のDrobo 5N2は見えるが、前述のようにこちらは読み込み専用でマウントされているため、ファイルの追加・削除・更新は行えない。リカバリーするために、このターゲット側として設定してあるDrobo 5N2を、Drobo DRなしの状態に戻してやる。

 Drobo Dashboard上で指示に従って操作すると、ターゲット側のDrobo 5N2はマウントが解除され、管理者ユーザーがログアウトした状態で再びDrobo Dashboard上に現れる。そこで管理者ユーザーでログインし、マウントするように指定すれば、めでたくリカバリー完了となる。

「ターゲットとして同期」に設定されているのを「無効」に戻す

何が起きるのかを説明するダイアログが表示される

Drobo5N2subのほうに鍵のかかったアイコン(管理者としてログインされてないことを表す)が表示されている

 実際には前回のバックアップ完了後に行われたファイルの追加、更新、削除は反映されていないので、そのあたりには注意が必要だ。

 Drobo 5N2 1台での運用は、普通に考えれば十分に安全でデータが保護された状態なのだが、これまでDrobo DR環境で使っていたのと比較すると、なんとなく片肺飛行ぽい気もする。この状態に不安を感じるようであれば、国内でのDroboの代理店であるプリンストンに故障したDrobo 5N2の修理を依頼するか、なんならもう一台発注するのが良いだろう。

 再度Drobo DRを構成する際には、これまでターゲット側として使っていたDrobo 5N2が、今度はソース側となるので、できればDrobo本体の名称を変えるなどして、取り違えることのないように気をつけたい。


 

(次ページ、「実地訓練その2&さらにいろいろやってみる」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ