このページの本文へ

フルサイズ一眼とAPS-C一眼はそんなに違うのか!?第2回

フルサイズ一眼「EOS 6D MarkII」とAPS-C一眼「EOS 80D」、高感度と階調はどれだけ違う!?

2017年08月09日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

明るいシーンでの階調を確認!

 次いで、屋外の明るいシーンで階調の確認をしたみよう。使用したレンズは、EOS 6D MarkIIが「EF24-70mm F4L IS USM」、EOS 80Dが「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」となる。

「EOS 6D MarkII+EF24-70mm F4L IS USM」24mm側

F4.0 F5.6
F4.0F5.6
F8.0 F11
F8.0F11
F16 F22
F16F22

 絞り開放では若干甘めで、1段絞れば十分なシャープネスになる。F16くらいまでは絞っても画質への影響は少なく、最小絞りのF22までいくと甘くなってしまう。それでも甘くなるのはわずかなので絞っても使えるレンズだ。

EOS 6D MarkII+EF24-70mm F4L IS USM」70mm側

F4.0 F5.6
F4.0F5.6
F8.0 F11
F8.0F11
F16 F22
F16F22

 開放時からシャープネスは高く、絞っていくと徐々に甘くなっていく。最小絞りのF22まで絞っても大きな画質低下はないので実用性はあるが、できることなら絞りは開放に近いほうがシャープネスは高い。

 

「EOS 80D+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」18mm側

F3.5 F4.0
F3.5F4.0
F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F22

 絞り開放ではかなり甘い描写で、F5.6からF11あたりでシャープネスが高くなる。それ以上絞るとやはりシャープネスは甘くなっていく。

「EOS 80D+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」55mm側

F5.6 F8.0
F5.6F8.0
F11 F16
F11F16
F22 F36
F22F36

 55mm側では絞り開放が一番シャープネスが高く、絞っていけばいくほどシャープネスが低下していってしまう。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン