このページの本文へ

成熟のPC、スマホで好業績 インテル、村田製作所の謎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 もはや先進国では成長が止まったとみられてきたパソコン(PC)とスマートフォン市場。ところが、大手部品・半導体メーカーの直近の四半期決算を見ると、そのPC、スマホの恩恵により“過去最高”の売上高と利益を達成した2社がある。米インテルと村田製作所だ。

PC市場は縮小傾向にあるが、PCの技術を生かしたタブレット等で稼ぐインテル
Photo:AP/アフロ

 インテルは、9月末に終了した第3四半期で、四半期ベースでは過去最高となる146億ドルの売上高をたたき出した。さらに、PC、サーバ、タブレット、携帯電話、IoT(モノのインターネット)向けMPU(マイクロプロセッサー)の出荷数量でも四半期ベースで1億個を超えた。同じく同社にとって史上最高となる記録だ。

 この売上高は、連結業績の60%を占めるPCクライアント事業本部が前年同期比で9%伸びたことで達成された。「伝統的なデスクトップPCだけではなく、タブレット、2イン1(タブレットとノートPCの兼用機)など、従来PCのコアを使った新しい形のデバイスが売れているから」(江田麻季子・インテル日本法人社長)だという。MPU数ベースでの出荷数は、前年同期比で15%も伸びている。

自社しか作れない基幹部品

 同様のことは村田製作所でも起こった。10月31日に発表された中間決算では純利益ベースで14年ぶりに過去最高益を達成。前年同期比で売上高は15%、営業利益は32%伸びた。特に、7~9月の第2四半期だけで見ると、売上高営業利益率で驚異の20%台を達成している。好業績の理由は前年同期比で14.3%、第1四半期比で30.5%伸びた、スマホなど通信機器向けの部品だ。

 特に、世界シェア35%を握る積層セラミックコンデンサーや高周波部品である。

 今回の業績急伸を、藤田能孝・村田製作所副社長は「中国メーカーでLTE(次世代高速通信)搭載スマホが増え、新しい技術が採用された部品の需要が急増した。さらに、本来リスクヘッジのため他社に発注されていた部品が、いざとなると他社で作ることができず、結局当社に再度発注されることが増えた」と説明する。

 基幹部品を提供できるメーカーの数が再編や事業撤退によって減る中、トップメーカーに受注が集中し、優勝劣敗がよりはっきりするという事態が起きているわけだ。

 調査会社のIDCの7~9月期の集計によると、PC市場は前年同期比1.7%減で、当初予想は上回ったものの、いまだ低迷中だ。スマホも市場の伸びは鈍化し、小米科技などの中国メーカーが唯一気を吐く以外は、全体としては成熟期に差し掛かっている。

 だが、インテルと村田製作所の数字から見えてくるのは、自社しかできない基幹部品を作っている限りは、市場の浮き沈みがあろうとも好業績を挙げることができるという事実である。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ