このページの本文へ

なぜ日本は英会話習得コストが世界一高いのか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『週刊ダイヤモンド』2015年4月4日号の特集は「NHK英語の秘密TOEICの謎」。新しい年度を迎えるにあたり、英語学習の世界における2大ブランドにスポットを当てて、そのコンテンツ製作現場から試験問題の“裏のウラ”まで見せます。

「週刊ダイヤモンド」2015年4月4日号の特集は、2大英語ブランドの舞台裏

 3月上旬、都内のある書店の語学コーナーに迷い込むと、そこには不思議な光景が広がっていた。

「1日でできる!」「サクサク読める!」「最強のTOEIC」、はたまた「今年こそ留学」──。英語を学ぼうという来店者がそのコーナーを訪れると、まず目に飛び込んでくるのは、あらゆるジャンルにまたがって出版される新刊タイトルの数々だ。その魅力的なキャッチフレーズを見ると、うっかり手に取ってしまいそうになる。

 このコーナーにある書棚の数はなんと50本以上。そのはざまにある通路に足を踏み入れると、次から次に登場するテキストによる「教材包囲網」の中にポツンと取り残された気持ちになる。

 心配しなくても大丈夫──。そうささやくかのように、脇にはどうやって英語教材を選ぶかというムックまでご丁寧に10種類以上置いてある。

「正しい教材を選ぶには、まず正しいお薦め本を選ぼう」。ここまで来るとあっぱれといえなくもないロジックだが、こうして年間400億円の英語教材市場はグルグルと回っているのだ。

 これぞというテキストを手にすることができても、英語学習をするための道のりはまだまだ長い。

 もしもあなたが英会話を上達させたいのであれば、最初に思い付くのが英会話スクールのはずだ。

 国内の成人向け英語教育の市場は約2000億円。そこは知名度の高い大手英会話スクールがスケールメリットを利かせて陣取っている「語学学校の森」で、そのロゴや看板を見掛けることも多いはずだが、それには注意が必要だ。

「日本という国は、英語を喋るためのコストが世界で最も高い国なんです」と、ある英語スクールの経営者は話す。

 理屈はシンプル。1回数千円からのレッスンには、日本在住のネイティブ講師の高額な人件費と、駅前の好立地な不動産コストが含まれている。さらにレッスン料の支払い更新期に気分よく継続してもらうため、シビアな学習効果の測定をするよりも、心地よく通ってもらえるようにコミュニケーションに重点を置くのが主流となっているという。

「おいしいのは英語の初心者。語学スクールの8割は、この初心者市場で成り立っているとすらいわれています」(業界関係者)

 学習者自身の責任もある。ネイティブスピーカーの美しい発音に憧れながらも、完璧主義に陥ってしまい、とにかく喋ってみようという人は多くない。背景にはリーディングを中心とした公教育での英語学習の偏りや、日本語で英語を教えるという伝統的な授業方式も影響している。

 継続コスト、多忙、そしてゴール設定のあいまいさ。こうした「挫折の墓場」の中に埋もれず、乗り越えられる人が一体どれだけいるだろうか。

 こうして長年にわたってアジアの中でも最も英語力が低いポジションにありながら、新年度が訪れるたびに、年間9000億円ともいわれるおカネが「不思議の国の英語ビジネス」には注がれ続けているのだ。

最もコストパフォーマンスが高い
ニーズ別・3つの最短ルートとは

 そこで『週刊ダイヤモンド』では、英語を学びたい人たちのニーズに合わせて、最も費用対効果が高いと思われる“最短ルート”にだけに絞って取材を敢行。4月4日号(3月30日発売)特集では、大きく三つのパートに分けて、それぞれに秘められた学習法やノウハウなどを余すところなく紹介している。

 一つ目が、「禁断のTOEIC逆解析」だ。もし会社などから一定のスコアを課された場合、どのように短期間で効率的にスコアを上げることができるのか。その一点に絞ってノウハウを徹底研究した。

 中でも、長年にわたってTOEICのテストを研究してきた達人たちによる、試験問題の誌上解析コーナーでは、彼らの英知がぎゅっと詰まった最高のTOEIC参考書になるはずだ。

 二つ目が、90年間にわたって日本人の英語学習に最適化して、ラジオやテレビで放送される学習番組を作ってきたNHKの「秘密の制作舞台裏」だ。

 年間にして約1100万部のテキストを売り上げる彼らの英語番組は、ジャーナリストの池上彰氏など往年のファンも数多い。今回はスタジオの中まで入り込み、作り手となる人たちがちりばめた無数のこだわりや仕掛けを解き明かすことで、英語学習を楽しく習慣付ける一助にしたい。

 三つ目が、フィリピン人講師によるオンライン英会話の「驚異の最先端サービス」だ。非ネイティブと侮ることなかれ。1回99円からの低料金にもかかわらず、ユーザーの広がりとともに高度な教材やカリキュラムが続々登場しており、今や旧来の英会話スクールを脅かす存在になっている実情を描いた。

 多くの日本人が迷い続けてきた、不思議な英語学習の迷宮。この特集を読めば、それが悪い夢だったと思えるようになるはずだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ