このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

VRスペシャリストハッチの最新施設潜入報告第5回

エヴァやマリカーなどプレイ前に迷う「VR ZONE SHINJUKU」の全容をガチレビュー

2017年07月26日 15時15分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

飲食エリア「GLAMPER’S」

 世界中で人気の“グランピング”をテーマとしたバーチャルリゾートカフェ&ダイナーの「GLAMPER’S(グランパース)」では、九州から直送された厳選食材や、フランス、スペイン、ドイツから空輸されたプレミアムブレッドなどが楽しめる。ラストオーダーはフードが21時、ドリンクが21時45分。

ガッツリとした食事のほか、ドリンクやデザート、スイーツなどのメニューも豊富
いろんな国のパンがそろっている
中にはボリュームのある、見た目にも美しいプレートや、バンダイナムコが誇るキャラクター「パックマン」をテーマとしたカレーなど、食事メニューもさまざま
デザートにドリンクメニューも見た目も華やかで、女性にもピッタリ。メロンの「丸ごとア・ラ・モード」は、北海道の契約農家から直送した特優ランクのメロンを使った一品。金色の飴細工が神々しさを演出。アイスとメロンのハーモニーは、一度食べたら病みつきになりそう。ちなみに机の一部は、今後ナムコが展開する女性向け店舗に導入予定のプロジェクションマッピングを、実験的に行っているとのこと

「GLAMPER’S」に隣接する休憩スペースは、本物の砂が敷き詰められ、プロジェクションマッピングにより海辺が再現されている。道具を使って泳いでいる映像の魚を取ったりするギミックなどもあり、女性から子供まで癒される空間として演出されている。

見た目にも美しい休憩スペース。遊び疲れたときにぼーっと眺めているだけでも癒されるだろう

VR ZONE STORE

 VR ZONE限定のエヴァやガンダムといった人気キャラクターのオリジナルグッズや、お菓子などが充実した「VR ZONE STORE」。3D技術や目の錯覚を利用したユニークなグッズもあり、ついついいろいろ買ってしまいそうになる。

エヴァやガンダムといった人気キャラクターのグッズが充実。服飾や人形、文具、小物など種類もさまざま
「とびだす!? 3Dクッキー」(1080円)は、パッケージだけでなく、クッキーにまでアナグリフ方式の絵柄が描かれており、付属の赤青メガネをかけることで、絵が飛び出して見える新感覚なクッキー
「さくさくパイ(チョコ味)」(1080円)は、パッケージを動かすと描かれたパックマンが目の錯覚により動き出す。中にはチョコ味のパイが15枚入っている

 このように、「VR ZONE SHINJUKU」は最新技術がテンコ盛りとなっている施設だ。8月には人気作品「攻殻機動隊」をテーマとした20×12メートル四方の専用アリーナにて、全身モーションキャプチャシステムを使い、4対4の計8名で楽しめるVRアクティビティ「攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」も登場する予定。VR技術で描かれた光学迷彩や電脳化といった、攻殻機動隊ならではの近未来演出への期待も高まっている。

 高性能なVRHMDであるVIVEと大型筐体による体感による、ハイクオリティーなVRを体験できるので、今までVRを体験して来なかった、ちょっとしたVRの動画くらいしか見たことがないといった人は、公式サイトから事前予約をしていつもと一風変わった非日常的な体験をしてみてはどうだろう。

●関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事
HTC VIVE Facebookページ