このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第518回

ソニーのフラッグシップミラーレス「α9」でキジトラを撮る!

2017年07月21日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この猫、実は1年前に撮っていました!

 この猫は約1歳。まだ若い猫だ。

 なぜ年齢がわかるかというと、約1年前、まだ母猫のおっぱいを吸ってたこの猫の写真が手元にあるからだ。

 当時の写真を見ると子猫は3匹いたが今は2匹。

約1歳のキジトラ兄弟。どちらも去勢済。パイロンに囲まれて。もう1匹はどうしたのだか、気になるのでこのあたりで地域猫を世話してる人に聞いてみなければ(2017年7月 ソニー α9)
約1歳のキジトラ兄弟。どちらも去勢済。パイロンに囲まれて。もう1匹はどうしたのだか、気になるのでこのあたりで地域猫を世話してる人に聞いてみなければ(2017年7月 ソニー α9)

 どちらもきれいなキジトラに育った。

 模様が実に精悍でカッコいい。

 でもまあ、それでも猫である。

 遊ぶのに疲れたり飽きたりするとするっと抜けだして、ごろんと昼寝をはじめるのであった。

走りはじめた猫の顔にきっちりフォーカスを合わせてくれる。このくらいさっと反応してくれると撮ってて気持ちいい(2017年7月 ソニー α9)
走りはじめた猫の顔にきっちりフォーカスを合わせてくれる。このくらいさっと反応してくれると撮ってて気持ちいい(2017年7月 ソニー α9)
ここは涼しいのか、ごろんと転がって無防備にお昼寝開始。右に少しだけ見えているのは兄弟。兄弟仲良く昼寝タイムである(2017年7月 ソニー α9)
ここは涼しいのか、ごろんと転がって無防備にお昼寝開始。右に少しだけ見えているのは兄弟。兄弟仲良く昼寝タイムである(2017年7月 ソニー α9)

 暑い午後は昼寝に限りますな。

 というわけで今回はα9で若キジトラを追ってみた。

 同じ猫ばっかでもアレなので最後に日本で一番かわいいキジトラをどうぞ。

最後にうちの猫「かふか」。昔ひきとった保護猫。背景がきれいにボケてるのはSTFレンズのおかげ。夜の室内でこれだけきれいに撮れたらたまらんですな(2017年7月 ソニー α9)
最後にうちの猫「かふか」。昔ひきとった保護猫。背景がきれいにボケてるのはSTFレンズのおかげ。夜の室内でこれだけきれいに撮れたらたまらんですな(2017年7月 ソニー α9)

 単にうちで飼ってる「かふか」なのだけど、猫を飼ってる人はみな自分ちの猫が一番かわいいと思っているのでそれはそれでいいのである。

 にしても、若くて精悍なキジトラのあとにうちの猫を見ると、顔が丸いねえ。こんなに丸かったのかとちとびっくりした次第。

 あ、α9の話をあまりできなかったのでそれは次回に。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン