このページの本文へ

クルマ相乗り「ライドシェア」実は地方で着々普及中

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
交通網が減少する地方都市では、自家用車の相乗りを活用する取り組みが拡大している

「ライドシェア」が
急増している

 ここ2、3年、よく耳にするのが「シェアリングエコノミー」という言葉であり、部屋やオフィス、駐車場、洋服など、様々なモノやコトを分け合うことを意味している。中でも、近年急速に増えているのが自動車移動のシェア。いわゆる「ライドシェア」である。

 京都の京丹後市丹後町は、日本海に面した人口約7000人の町。この町では急速に過疎化が進み、鉄道やバスなどの公共交通が減少している。病院に通うことさえ一苦労のお年寄りを何とか助けようと始まったのが住民が自家用車を使って運ぶ、日本初の「住民タクシー」という取り組みである。通常、事業免許なしでの有料運送は道路運送法違反になるが、過疎地の特例措置を使って、地元のNPO法人が運行しており、お年寄りの移動手段の支えとなっている。

 ライドシェアをネットで展開するサービスも増えている。その1つが「notteco(ノッテコ)」である。これはドライバーと同乗者をマッチングする長距離相乗りサービス。ドライバーが同区間を移動する人を募り、ガソリン代、高速道路代をシェアする仕組みだ。現在、登録ユーザー数は3万6000人以上。年間約6000件の相乗りをマッチングさせている。

 利用は簡単。ドライバーが相乗り希望の日時、区間を提示しているので、相乗りしたい人は、それに申し込むだけだ。連絡はサイト内でやりとりができるようになっており、お互いの条件を交渉して相乗り成立となる。逆に、同乗したい人がドライバーへ呼びかけることもできる。

 相乗りのニーズは帰省や観光、大型イベントへの参加、登山やキャンプなどのアウトドア、ボランティア活動など様々だ。

「単身赴任の会社員は、定期的に家族に会いに帰る方が多いと思います。当然、車に乗るのは1人なので、空席があります。そこで誰かと相乗りすれば費用をシェアできます。2人で乗れば経費は半額に、3人ならば3分の1で済みます。そうしたメリットの他にも、例えば、音楽イベントやスポーツなど、同じ目的を持つ人との出会いの場にもなるので、交流が生まれることも少なくないんですよ」(株式会社notteco 東祐太朗代表取締役社長)

 費用の節約を考えると、高速バスという方法もあるが、出発時刻が決まっているので、融通が利きにくい。相乗りであれば、出発時刻も相談できるし、途中の休憩も柔軟に取ることができる。

メリットの多いサービスだが
疑問や不安の声も…

メリットの多いサービスであるが、一方で、こんな疑問や不安の声がある。

「見知らぬ者同士が相乗りして、大丈夫なのか?」
「相乗りで金銭のやりとりをするのは違法ではないか?」

相乗りの相手を見つけることができるnotteco(ノッテコ)。現在、手数料は無料である

「セキュリティ面は最も多い質問です。私たちもトラブルのない方と乗ってほしいと考えているのはいうまでもありません。そのために全ユーザーには本人確認書類を提出してもらい、電話番号、メールアドレスで確実に連絡が取れるかどうかも確認しています。さらに利用回数、レビューの内容、メッセージの返信率などからランク付けされる機能を備えています。最も良い評価がダイヤモンド、以下、プラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズと5段階で表示し、すべて可視化しています。これまで盗難や傷害などのトラブルは1件も起こっていません」(東社長)

「相乗りで金銭のやりとりをするのは道路運送法に違法しているのではないか?」という疑問に関しては、先月6月にはっきりと答えが出た。

「この事業は必要経費のシェアだけで、誰かが利益を得ているわけではありません。ですから、以前から弊社は法律に則っているし、国土交通省も合法の通達を出していたため、違法ではないと考えていました。合法とはいえ、通達レベルに過ぎません。そこできちんと決着をつけたいと思い、経済産業省が行っている産業競争力強化法のグレーゾーン解消制度を活用しました」(東社長)

 グレーゾーン解消制度とは、規制の適用範囲が不明確な場合、安心して事業を行うために、事業者が規制適用の有無を予め確認できる制度である。この制度を活用して、nottecoは合法な事業であるとのお墨付きを国からもらったのである。正式に認められたことで、新たなプロジェクトにも着手している。

一番近い都市で70キロ
電車とバスの乗り継ぎで所要2時間半!?

 北海道の北部西海岸にある天塩町。人口は約3200人。こちらも過疎化が進み、公共交通であった鉄道路線が廃止となり、住民からなんとか改善できないかという声が上がっていたエリアである。一番近い都市である稚内市までは片道70キロ。直通の公共交通手段はなく、電車とバスを乗り継いで行くと2時間半もかかってしまう。さらに本数も少ないため、乗り継いで行ったとしても、稚内ではわずか1時間しか滞在できないのが現状だ。

「最初、我々の活動を知った天塩町の副町長からメールで連絡をいただきました。こちらも自治体との連携を行いたかったのですぐに現地へ飛び、プロジェクトに着手しました。車で行くなら1時間で行ける距離なのに、車のない町の皆さんが稚内の病院へ行くのも日帰りできず、泊まりがけと聞きました。町がバスを運行する方法もありますが、そこに費用をかけても、結局はいつか破綻してしまう。それならば、町民同士で助け合った方がいいと思ったんです」(東社長)

 今年3月から天塩町と稚内市をつなぐ交通手段として「地方都市特化型のライドシェア」の実証実験が行われているところだ。その結果を受けて、夏頃にも本格的にスタートする予定である。

「今後は、町の人たちにどうやって広めていくかが課題です。お年寄りの皆さんに試験的にスマホを使ってもらいましたが、なかなか難しい。ですから電話で連絡をしてもらい、今はこちらで代理配車を行っていますが、今後は他の予約法も考えていかなければならないでしょう」(東社長)

 nottecoでは、天塩町を皮切りに、交通網の減少に悩む地方とも連携を進めており、いくつか交渉中だという。過疎化と高齢化の二重の苦境に立たされている日本の地方都市。各地で広まるライドシェアの試みは、希望を見い出す糸口になるかもしれない。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ