このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢第175回

Samsung、Tizenをひっそり継続 4機種目の「Samsung Z4」を発表

2017年05月20日 10時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「最悪のコード」とセキュリティ専門家は酷評

 今回のTizen Z4は最新バージョンのTizen 3.0を搭載しており、OS全体を盛り上げる意味もありそうだ。5月16日からは、サンフランシスコで開発者向け年次イベント「Tizen Developer Conference」も開催されていた。

そのTizen Developer Conferenceでは、SmartTVへのさらなり活用などが公表されたようだ

 SamsungにとってTizenの位置付けは見えにくいが、スマートウォッチや家電、車載などコンシューマー向けIoT端末でTizenを積極的に採用し、フラッグシップやハイエンドではAndroidという戦略は変わりないだろう。

 なお、Tizenについては、4月初めにセキュリティー問題が大きな話題となった。セキュリティー専門家のAmihai Neiderman氏がTizenのコードに約40ものゼロディ攻撃の脆弱性が含まれていることを明らかにした。Motherboardの取材に対し、Neiderman氏は、「任意の悪意あるコードでTizenシステムをアップデートできる」「これまで見た中で、最悪のコード」とコメントしている(https://motherboard.vice.com/en_us/article/samsung-tizen-operating-system-bugs-vulnerabilities)。

 AndroidではHuaweiが猛烈な勢いで追い上げており、Googleも「Pixel」で自社のスマートフォン開発を進めている。先週はGoogleが進める謎の新しいOS「Fuchsia」の最新情報も話題となった。変化の激しいモバイル市場で、SamsungはどのようにTizenを使うのだろうか。


筆者紹介──末岡洋子


フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン