このページの本文へ

29歳公認会計士、兼絵画講師「パラキャリ女子」のメリットとは

2017年04月27日 06時00分更新

文● 吉田由紀子(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最近、よく耳にする「パラレルキャリア」。収入補填という意味合いの強い「副業」とは違い、自分の持つスキルを人に教えたり、社会貢献や人脈を広げるといった目的に活用する働き方だ。

神戸市も職員の副業を解禁!
注目される「パラレルキャリア」とは

 この4月、あるニュースが話題になった。神戸市が職員の副業を解禁すると発表したのだ。地方自治体が公務員の副業を推奨するのは、これまでに例がない。神戸市に先駆けて、ロート製薬やYahoo!などの民間企業も次々と副業を解禁しており、ダブルワーク推奨の動きが、いま加速していると言っていい。

公認会計士とアート教室の講師というパラレルキャリアを両立させている田畑智恵さん。正社員から非常勤へと働き方を転換し、バランスよく2つの仕事をこなしている

 終身雇用が崩壊し、世界的な有名企業が次々と失速する時代、大企業の社員や公務員であっても、一生安泰とは言えない状況になっている。

 そんな中で最近、耳にするのが「パラレルキャリア」という言葉だ。パラレル(parallel)とは、「並列」を意味する言葉だが、1つの仕事だけをやるのではなく、複数のキャリアを同時に積み重ねていく働き方のことである。

「副業」とどう違うのか? 疑問を持たれる方もいるだろう。副業は、主に報酬を得るためのサイドビジネス。対してパラレルキャリアは、報酬だけが目的ではない。自分のスキルを人に教えたり、ボランティア活動や社会貢献を行ったり、人脈を広げたりと、付加価値を重視している。自分自身も成長でき、複数の仕事に相乗効果をもたらす。そういった広い意味を持つ働き方のことだ。

 実際にパラレルキャリアを実践している人を取材した。

 田畑智恵さん、29歳。パステルシャインアートという絵画教室を1年半前から開いている。パステルで描く可愛らしい絵画で、アートセラピーの一種である。ふだんは公認会計士として会計事務所に勤務している田畑さんだが、激務が続き、入社1年目で体調を崩してしまう。そのときに出会ったのが、このアートセラピーだった。

「絵を描くことで自分を取り戻すことができました。それで、アートの力を多くの人に伝えたい、人を救いたいという気持ちが湧いてきたんです」(田畑さん)

 田畑さんは、それまで正社員として勤務していたが、絵画を教えるようになり、一旦は退職を考えた。転職活動も行っていたが、会社の助言もあり、非常勤へと転向。ゆるやかに働ける部署に異動をした。今も会計士と絵画講師という「2本の柱」で働いている。

ドラッカーも提唱していた
パラレルキャリア

「非常勤になることで、アートを通じて知り合った方から会計のお仕事の依頼をいただくことも増えてきました。正社員を辞めると自分の居場所を失うのではないかと怖かったのですが、居場所は減るどころか、これまで以上に増えていっています」(田畑さん)

 彼女が講座を開くのに活用したのが、ストアカというサービスである。ストアカは、何かを学びたい人のためのサイトで、現在170ジャンル、1万2000の講座が掲載されている。マーケティングやプレゼンといったビジネス系から、WEBやIT関連、語学、写真、映像、アート、ハンドメイド、ものづくり、料理、美容、スポーツ、子育てなど幅広いジャンルをカバーしている。

 講師の数は9000人、ユーザーは12万人を数える。専業の講師もいるが、田畑さんのように、パラレルキャリアの1つとして、就業時間外に教えているケースが多い。

 例えば、IT企業に勤務しながら、週末だけエクセルやパワーポイントを使った資料作成を教える男性。また、写真の技術を教えるのではなく、女性向けに“美しく撮られるため”の教室を開催するカメラマンもいる。

 シニア層も活躍している。飲食関連の会社に勤務し、定年退職した男性は、在職中に身につけた技術を活かし、自宅で包丁研ぎの講座を開いている。主婦を中心に、女性に大人気だという。

 ストアカでは、受講者が感想や評価を投稿することで、人気講師の検索順位が上がっていく仕組みを採っている。

「学びの業界は、これまで“見える化”ができていなかったんです。ストアカが目指しているのは、学びの“食べログ”です。講師の力量や指導内容、人柄などで評価をできるシステムがあれば、それを見てユーザーは判断できるわけです。実際、人気の高い講師には書籍の執筆依頼が来ており、すでに何冊も本を出版している人もいるほどです。受講生からの推薦で出版社から声がかかったケースも少なくありません」(ストリートアカデミー株式会社 代表 藤本崇さん)

 前述の資料作成講座の講師は、ていねいな指導で人気が上昇し、今や月商100万円レベルに達しているそうだ。

 自分の特技や趣味を教えるのは、パラレルキャリアの第一歩として始めやすい。ストアカは、講師も募集しているので、興味のある方はコンタクトをとってはいかがだろうか。

 この機会に2枚目の名刺を持ってみよう、と考えている方には、他にもこんなサービスがある。社会貢献、ボランティア活動を通じて、自分の人生を作っていく「パラレルキャリア支援サイトもんじゅ」。その名も「NPO法人2枚目の名刺」では、会社員がNPO活動などを始める橋渡しを行っている。将来、独立を考えている技術者には、「TEAMGUILD(チームギルド)」というサイトもおすすめだ。

 パラレルキャリアという言葉自体は、決して新しいものではない。経営学者のピーター・F・ドラッカーが1999年に、著書『明日を支配するもの』の中で、すでに提唱している働き方である。

 ネットやSNSの普及で、ドラッカーの予言が、まさに現実のものになっている昨今。シングルキャリアに不安を覚える方は、身近なところから、何らかのパラレルキャリアを始めてみるのも悪くない。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ