このページの本文へ

まだLINEなの? iPhone「メッセージ」を使わずにはいられない魅力

2017年05月01日 10時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メッセージの好きな位置に貼れるステッカー

 メッセージにはLINEのスタンプのように送れる「ステッカー」が存在する。

 最初にステッカーをAppStoreからダウンロードしよう。

 まず、左の画像テキストボックス横の赤枠で囲ったAppStoreのアイコンをタップ。すると、右の画像のように画面下部の表示が変わりので、左下のアイコンをタップ。

 「Store」「履歴」「ミュージック」「#イメージ」が表示される。その中からStoreをタップ。

 するとApp Storeが起動する。ここから好みのステッカーをダウンロードしよう。

 ホーム画面に配置されているApp Storeからもダウンロードできるが、メッセージからだとステッカーだけ探せるので好みが見つけやすい。

 ダウンロードしたステッカーは一覧表示され、いつでも使用可能に。アイコンを長押しすると並び替え/削除ができる。

 ステッカーはLINEのスタンプのように使えるが、違いは好きな位置に貼り付けられること。

 やり方は貼り付けたいステッカーを長押しして、吹き出しの近くにドラッグするだけ。

 メッセージの好きは場所に何枚でも貼れる。ただし、あんまり貼りすぎると重くなるので注意。

 また、ステッカーが文章と被って読めないときはTapbackを送るように、ダブルタップでテキストのみ表示できる。

 送られてきたステッカーは、長押しすると「ステッカーの詳細」が見られる。詳細から直接ダウンロードも可能。

 また、App Storeからメッセージで使えるサードパーティー製アプリをダウンロードすれば、相手とスケジュールの共有やゲーム、日本では未対応だが送金もできる。

「GamePigeon」の「MINI GOLF」「Timetree」ではスケジュールの共有もできる
「Dropbox」のメッセージアプリではファイルを共有「Circle Pay」を使うとお金のやり取りもできる。早く日本対応してほしい!

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中