このページの本文へ

2017年の時計業界を展望!「バーゼルワールド2017」レポート第9回

ユーザーは「洋服を着替える」ように文字盤デザインを変更して楽しんでいる

いくぜ300モデル! フォッシルがスマートウォッチに強気な理由

2017年04月07日 08時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マイケル・コースのスマートウォッチの独自機能、「マイソーシャル」は……

もっとソーシャルに、もっとパーソナルに

 「Android Wear OSなら、違いは外観デザインだけでしょ!?」と思われがちだが、マイケル・コースは独自の機能をグーグルらと共同開発し、追加した。

なんとInstagramと連携!
Instagramのタイムラインのなかから、お気に入りの写真を文字盤にセットでき、さらにフィルターを追加して色を替えることもできる

 「マイソーシャル」と名付けられた独自新機能は、Instagramのアカウントと連携することでInstagram上の写真をスマートウォッチで見ることができ、気に入った写真は文字盤にセットしたり独自フィルターを利用することもできるという。

超直訳だけれども「文字盤はあなたの生活をよりパーソナルにする」

 マイケル・コースはとてもよくユーザーの好み、行動を観察している。最新テクノロジーの仕組みやマシンスペックに疎くても、気に入ったツールはデジタルだろうがアナログだろうが関係なく使いこなす、それがユーザーの行動力だ。

自分好みにカスタマイズした文字盤デザインをSNSでシェア

 Instagramのハッシュタグ「#michaelkors」の数は執筆時現在1916万5968、また「#michaelkorswatch」は32万4430という数である。その中には、スマートウォッチの画像も含まれていて、愛用者たちはお気に入りの文字盤にカスタマイズしたスマートウォッチの画像をシェアしている。

ハッシュタグとともに、シェアされたマイケル・コースの時計画像

 初回モデルからマイケル・コースのスマートウォッチには、日中と夜とで文字盤デザインを自動で切り替えることができる仕様になっているが、ユーザーは洋服を着替えるように文字盤デザインを変更して楽しんでいるという。

この特集の記事