このページの本文へ

2017年春アニメ大特集第7回

【2017春アニメ】ギャルゲー制作の青春グラフィティ「冴えない彼女の育てかた♭」に「アトム ザ・ビギニング」など

2017年04月04日 17時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これは、いずれ“天才”と呼ばれるふたりの“日常(いま)”
「アトム ザ・ビギニング」

作品解説
大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。

手塚治虫が描いた永遠のヒーロー・鉄腕アトム。その誕生までの物語を、「機動警察パトレイバー」のゆうきまさみと「RIDEBACK」のカサハラテツローがタッグを組み、まったく新しい構想でコミック化した本作が、ついにTVアニメーションとして始動。アニメ化にあたっては、「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行の下、「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄が監督を務め、「BLOOD+」の藤咲淳一がシリーズ構成を担当する。

アトムのいる「未来」と私たちの「今」が、「アトム ザ・ビギニング」によって結ばれる!

スタッフ
原案:手塚治虫
プロジェクト企画協力・監修:手塚 眞
コンセプトワークス:ゆうきまさみ
漫画:カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載)
協力:手塚プロダクション
総監督:本広克行
監督:佐藤竜雄
シリーズ構成:藤咲淳一
キャラクターデザイン:吉松孝博
メカデザイン:常木志伸、石本剛啓、宮崎真一
プロップデザイン:めばち、今橋明日菜、吉田大洋
総作画監督:伊藤秀樹
色彩設計:田中美穂
美術:加藤 浩
3DCG監督:菅野高明
モニターグラフィックス:青木隆
特殊効果:村上正博
撮影監督:佐藤哲平
編集:本田優規
音響監督:岩浪美和
音楽:朝倉紀行
アニメーション制作:OLM×Production I.G×SIGNAL.MD
オープニングテーマ:「解読不能」(歌:After the Rain)
エンディングテーマ:「光のはじまり」(歌:南條愛乃)

キャスト
天馬午太郎:中村悠一
お茶の水博志:寺島拓篤
A106:井上雄貴
堤 茂理也:櫻井孝宏
堤 茂斗子:小松未可子
お茶の水 蘭:佐倉綾音
伴 俊作:河西健吾
伴 健作:飛田展男
ほか

番組情報
NHK総合:4月15日より毎週土曜23:00~
※都合により放送曜日、時間、開始日が変更になる可能性がございます。

公式サイトURL http://atom-tb.com/
Twitterアカウント @atomtb_anime

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ