このページの本文へ

麻倉怜士のハイレゾ真剣勝負第6回

【麻倉特薦】ほかに、ハープ&ギターユニット「tico moon」など

スウェーデンBIS、栄光レベルに音がいい小川典子のサティ

2016年10月29日 12時30分更新

文● 麻倉怜士(Twitter:@ReijiAsakura) 編集●HK(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Respirar
Ema

推薦

キューバのセサル・ロペス氏をプロデューサーに迎えた、新星ジャズシンガー、Ema(エマ)のデビュー作。日本曲をキューバ流のアレンジでどう料理されるかが聴きものだ。3曲目、サックスのおしゃれなオブリガードから始まる「卒業写真」。日本の卒業式のしっとりとした情緒というより、アーバンで、モダンな雰囲気。さらっとした愛の歌という感じだ。

ユーミンの粘性の高い歌いの卒業写真に慣れていると、こんなフレッシュでヴィヴットな卒業写真があったのかとまさに新鮮な驚きだ。ピアノとアコースティック・ギターの前奏から始まる12曲目の「いい日旅立ち」。これまた山口百恵のもののあわれを感じさせる情感とはまったく違って、気軽に近郊へ繰り出すハイキングだ。声の擦れと、外人風の日本語の発音が、意外な心地よさ。

FLAC:88.2kHz/24bit
Sony Music Labels Inc.、e-onkyo music

Live At Abbey Road
GoGo Penguin

推薦

イギリスのジャズバンド「ゴーゴーペンギン」の最新アルバム。1曲目、Branches Break[Live]。冒頭のエレクトリックピアノの和音弾きが印象的に始まり、オブリのようなピアノの旋律が、明確な隈取りで語られる。リズムとベースが加わるあたりになると、この曲の姿が見えてくる。

ゆったりとしたピアノの旋律を、音価を細かく刻むドラムスとベースが支える。細かな動的バイブレーションと、悠然たる旋律の対比の面白さ。248kHz/24bitだが、しっかりとした音調で、各楽器の実体感と存在感は確実に感じることができる。

FLAC:48kHz/24bit
Decca、e-onkyo music

Juan Diego Florez - The Ultimate Collection
Juan Diego Florez

推薦

ペルー生まれのリリックテノール、テナフアン・ディエゴ・フローレスのデビュー以来15年のベストセレクトだ。3曲目の「Donizetti: L'elisir d'amore / Act 2 - "Una furtiva lagrima"、愛の妙薬から人知れぬ涙」。バスーン、ハープが明確な音像を持ち、テノールはセンターにきちんと定位。基本的に声質はスウィートだが、輪郭はシャープ。

尖鋭な音の表皮に包まれ、音の内側は弾力感のある麗しさが、本テノールの音色的魅力。メタリックな輝きを表側に持つマシュマロだ。音場はひじょうに透明で、オーケストラのサウンドもすがすがしい。

15曲目「Lacalle: Amapola、アマポーラ」。愛の歌はどこまでも甘く、優しく、叙唱はクリヤーだ。硬質な高域がキラキラしている。やわらかさとシャープさが同居するのが、フローラの声の絶大なる魅力だ。

FLAC:48kHz/24bit
Decca 、e-onkyo music

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中