このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第62回

タブレットスタンドとUSBポート付き電源タップの発想って地味に便利!

2016年10月19日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 7 Plusも紙資料も……スタンドはタブレット以外もOK

タブレットを設置してみたところ タブレットを設置してみたところ

 カタログスペックではタブレット向けのスタンドとして用意されている凹んだ部分だが、タブレット以外のスタンドにもなる。

 スタンド部は奥行き約26mm、高さ約27mmとなっており、またラバー加工がされているため、薄型のタブレットであれば角度の調整も可能だ。

 製品によってはベゼルが細く、画面がスタンドの一部で隠れてしまうのだが、ラバー加工は凹みの底面だけでなく、内側すべてに施されているため、都合のいいところで立てかけることができる。

 もちろん、そのタブレットの形状によってはバランスを取れないこともあるのだが、大半のタブレットは両手で持つことが多いことからベゼルは幅は多く用意されているため、あまり心配しなくていい部分だろう。

iPhone 7 Plusの場合、何も付けていない状態だと少し滑り落ちるときがあったが、バンパーを付けてみたところ安定した。角度はかなりついてしまうため、万能ではない。ジャケットの場合もエッジが明確になるため、安定すると思われる iPhone 7 Plusの場合、何も付けていない状態だと少し滑り落ちるときがあったが、バンパーを付けてみたところ安定した。角度はかなりついてしまうため、万能ではない。ジャケットの場合もエッジが明確になるため、安定すると思われる

 さて。タブレット以外はというと、スマホはiPhone 7 Plusでチェックしてみたところ、縦横いずれもOKだった。

 画面全体が見えるように角度を調整してもズリ落ちることはなかったため、動画やメモの表示用に役立つだろう。

 ただ、充電しながらとなると縦置きでは充電端子側に負荷が掛かりやすい。充電しながらの場合は横置きにするか、上げ底を自作してみると使い勝手がよくなるりそうだ。

 意外と都合がよかったのは、紙資料などの置き場だ。クリアファイルやボードに挟んでおく必要はあるが、とりあえず、紙資料をディスプレーしたいときにちょうどよく、充電の拠点としつつ、資料も表示可能になるため、上手くハマると本来のスペック以上に活躍してくれるだろう。

上手く使えば卓上スペースを増やせる!

背面にACアダプターを用意して、そのまま充電ということもできる 背面にACアダプターを用意して、そのまま充電ということもできる

 充電器とスタンドを一体化できるため、卓上の整理をしやすくなりそうな製品だ。

 USBポート×4に加えて、AC出力×2と拡張性もあり、USB充電器で卓上がカオスになりつつあるのであれば、本製品で整理してみるのもいい。

 また、タブレットだけでなく、スマホや資料を設置することができるのも都合のいい製品だといえる。実売4000円前後という価格もポイントだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン