このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

モバイルバッテリーの選び方第1回

「ポケモンGO」プレイ時のバッテリー切れとオサラバ!

今買うべきオススメのモバイルバッテリーはコレだ!

2016年09月20日 11時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■オススメの20000mAhクラスクラスバッテリー■
(スマホを5回以上フル充電できる)

 このクラスのモバイルバッテリーになると、ノートPC用や業務用大型バッテリーの範疇に入ってくるが、Ankerからはスマホ向けの小型モバイルバッテリーが発売されている。

 「PowerCore+ 26800 & PowerPort+ 1」は26800mAhととにかく大容量なうえ、iPhoneやAndroidスマホなどを判別して最適な充電が可能な2ポートと、対応Androidスマホを急速充電できるQuick Charge 2.0対応ポートを搭載。ほとんどのスマホを最も高速な方法で充電できる。重量は590gと500mlペットボトルより重いが、アウトドア用途など数日間スマホを充電できる環境から離れる際に持ち歩くと便利な製品だ。

 また、26800mAhの大容量だとバッテリー自体を充電するのに入力が5V/2Aでも10時間以上かかるのだが、入力ポートにも急速充電のQuick Charge 2.0を採用することで8~9時間での充電を実現している。また、Quick Charge 3.0対応USB充電器が付属するため、Quick Charge対応充電器を持ってないユーザーでも快適に利用できる。

「PowerCore+ 26800 & PowerPort+ 1」はQuick Charge 2.0対応を含む3ポート搭載の大容量バッテリー。バッテリー自体を急速充電するためのQuick Charge 3.0対応充電器も付属する
PowerCore+ 26800
&PowerPort+ 1
メーカー Anker
容量 26800mAh
出力 合計計5V/3A(2ポート)
+Quick Charge 2.0
(5V/2.4A~12V/1.5A)
入力 5V/2A
/Quick Charge 2.0
(9V/2A)
サイズ 80×24×180mm
重量 約590g
実売価格 8900円前後

■オススメのマルチポートUSB充電器と充電ケーブル■

 最後に、自宅や外出先でスマホとモバイルバッテリーを同時に充電するとき便利な、複数のUSBポートを搭載した充電器を紹介しよう。携帯に便利なコンパクトモデルから、5つ以上のUSBポートを搭載したものもある。目的に応じて便利なものを用意しておこう。

画像左がAUKEY「スマホUSB充電器 ACアダプター 43.5W 3ポート」。画像右がグリーンハウス「GH-ACU2D」シリーズ。両製品ともコンセントプラグを本体に収納できるので携帯がラク
100円ショップでも売っている小型の分岐タップと組み合わせると、コンセントがひとつしかないホテルや新幹線の車内などでも便利に使える

 グリーンハウスの「GH-ACU2D」シリーズはコンパクトサイズの2ポート充電器。コンセントプラグの収納も可能。自宅での利用はもちろん、旅行や出張時の持ち歩きにも便利なアイテムだ。

「グリーンハウスの「GH-ACU2D」シリーズ
GH-ACU2Dシリーズ
メーカー グリーンハウス
出力 合計5V/2.4A
(2ポート)
サイズ 63×35×32mm
重量 約38g
実売価格 1750円前後

 AUKEYの「スマホUSB充電器 ACアダプター 43.5W 3ポート」はAmazonマーケットプレイスのAUKEY JAPANを中心に販売されている充電器。PSEを取得しており国内での利用は問題ない。ただし、購入後のサポートはWebフォーム中心と初心者にはオススメしづらい面も。製品としてはコンパクトかつ110gと軽量で、Quick Charge 3.0を含む3ポート充電対応。今のところ、このサイズと軽さとスペックでほかに並ぶ製品はない。ヘビーモバイラー向けのアイテムだ。

AUKEYの「スマホUSB充電器 ACアダプター 43.5W 3ポート」
スマホUSB充電器
ACアダプター
43.5W 3ポート
メーカー AUKEY
出力 合計5V/4.8A
(2ポート)
+QuickCharge 3.0
(19.5W)
サイズ 70×48×26mm
重量 約110g
実売価格 2400円前後

 Ankerの「PowerPort 5」低価格かつ高出力で、5ポート同時に充電できるアイテム。自宅のリビングや職場のデスクにひとつ置いておくと便利だ。やや高額だがQuick Charge 3.0対応の「Anker PowerPort+ 6」(実売4000円前後)もある。

Ankerの「PowerPort 5」。リビングにひとつあると、家族のスマホやモバイル機器をまとめて充電できる
PowerPort 5
メーカー Anker
出力 合計5V/8A
(5ポート)
サイズ 90×57×29mm
重量 約235g
実売価格 2600円前後

 Ankerの「PowerDrive+ 2」は車のアクセサリーソケット(シガーソケット)からスマホを充電できるカーチャージャー。2ポートモデルで、両方ともハイエンドAndroidスマホを急速充電できるQuick Charge 2.0と、iPhoneなどiOS機器を最適な速度で充電できる“Power iQ”に対応。どちらのポートでも、端末を選ばず最適な速度で充電できる便利なアイテムだ。

Ankerの「PowerDrive+ 2」
PowerDrive+ 2
メーカー Anker
出力 合計5V/2.4A
(2ポート)
実売価格 1700円前後

 cheeroの「2in1 Retractable USB Cable with Lightning & micro USBケーブル」は、1本でiPhone用のLightningケーブルと、Androidスマホ向けのmicroUSBケーブルのどちらにも利用できるアイテム。ふだんはiPhoneを使っているが、時々モバイルバッテリーでmicroUSB端子搭載のデジカメやゲーム機などを充電する際や、モバイルバッテリーで友人のスマホを充電する際などに重宝する。

ふだんiPhoneを使っていても、時々microUSB端子の機器を充電することがある。そんなとき両対応の「2in1 Retractable USB Cable with Lightning & micro USBケーブル」があると便利だ
2in1 Retractable USB Cable
with Lightning & micro USB
メーカー cheero
サイズ 118×40×21mm
(巻き取り時)
重量 約30g
実売価格 1280円前後

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン