このページの本文へ

ポケモントレーナー必携の薄型9000mAhモバイルバッテリー

2016年07月28日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12mm厚の薄型ボディーに9000mAhのバッテリーを内蔵する、テックのモバイルバッテリー「TMB-9KS」シリーズが発売。テクノハウス東映や東映ランドで販売中がはじまっている。スマホ片手にポケモン探しに夢中になるあまりバッテリー切れ、となる前に押さえておきたいアイテムだ。

発売のタイミング的には今をおいて他にはない。薄型ボディーに9000mAhのバッテリーを内蔵する「TMB-9KS」シリーズ

 薄さ12mm、重さ166gという、薄型デザインのボディーにスマートフォンを約4回分充電可能な9000mAhのバッテリーを内蔵するモバイルバッテリーの新モデル。すでに販売中の6000mAhモデル「TMB-6KS」シリーズの上位モデルにあたる製品だ。

USB出力も2ポートに増加。複数台持ちのトレーナーも安心

 セルはリチウムポリマーセルを搭載。「iPhone 6 Plusと同じATL製のセルを採用することで小型化に成功した」(テック)という点は従来モデルと同じ。95%という高い変換効率で動作し、USB出力ポートは最大5V/2.1Aに対応するほか、入力も同じく最大5V/2.1Aに対応。バッテリー本体の充電も素早く完了することができるだろう。

6000mAhモデル「TMB-6KS」との比較。厚みこそ8mm→12mmとなったが、全体サイズはほとんど変わりがない

 本体サイズは143(W)×54(D)×12(H)mm。本体充電時間は約6時間で、サイクル回数は約500回。カラーは、オレンジ、イエロー、ブルー、ピンクの4色で価格は3380円だ。

個人的に一番の変更点と感じたのが本体素材。「TMB-6KS」ではプラスチック製だったが、「TMB-9KS」では手触りのいいラバー素材を採用。滑り止め効果があり、なにより手に持った際に落としにくい点が嬉しい

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン