このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第136回

多数の不具合が修正されている

Windows 10に新ビルドが登場、大型アップデートの準備完了間近?

2016年07月13日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

7月7日にWindows 10 Insider Preview ビルド14383がリリースされた。8月2日の大型アップデートまで、まだまだリリースされる予定だ

監視報告
右下のビルド番号が消えて大型アップデートの準備も完了間近か

 7月7日、Windows 10 Insider Preview ビルド14383がPCとモバイルともにリリースされた。8月2日に予定されている大型アップデート「Anniversary Update」へ向けた、最終的なチェックのためとしている。もちろん、まだ新しいビルドを投入する予定はあるが、いよいよ大型アップデートの準備が完了しつつあるようだ。

デスクトップ右下に表示されていたウォーターマークがなくなっている。筆者としてはすぐにビルドを確認できないので残念ビルド14361まではウォーターマークがついていた

 ちなみに、ビルド14383では大きな機能追加はないものの、多数の不具合が修正されている。例えば、Edgeブラウザで拡張機能をダウンロードする際、直接ストアが開くようになったり、コルタナを起動するショートカットがWin+Shift+Cに変更されたり、リモートデスクトップを最大化すると、資格確認のダイアログが隠れてしまう問題を修正している。同様に、Windows 10 Mobileも多数の改善が施されている。

 既知の問題としては、2016年7月15に使用期限が切れる問題が前ビルドに引き続き残っているが、これはすぐに対応するとのこと。また、翌日の7月8日に追記されたのが、言語がEN-USでない環境にこのビルドをインストールした場合、開発者モードを有効にすると「0x80004005」エラーが発生する問題。解決するには以下の手順を行えばいい。

  1. 「設定」→「システム」に移動する
  2. 「アプリ&機能」をクリックする
  3. 「オプション機能の管理」を選択する
  4. +ボタンを押す
  5. 「Windows開発者モード」パッケージを選択
  6. 「インストール」をクリックする
  7. PCを再起動する
  8. コマンドプロンプトを管理者権限で起動する
  9. sc config debugregsvc start=auto」と入力する
開発者モードでエラーが表示される場合は、「Windows開発者モード」をインストール
続いて、管理者権限で「sc config debugregsvc start=auto」コマンドを入力すればいい

 これで完了。開発者向けページを表示すると再度エラーが表示されるかもしれないが、デバイス検出機能は有効になっている。


これでズバッと解決!

 Windows 10 Insider Previewの最新ビルドでは、画面右下に表示されているウォーターマークがなくなった。8月2日の大型アップデートに向けての本格的な調整が始まったようだ


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン