このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カナデジ〜吉井香奈恵とデジタルカメラ〜第12回

9nine吉井香奈恵が写す、フィルムカメラと有楽町の街

2016年07月01日 10時00分更新

文● 松野/ASCII.jp 写真●鎌田拳太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これであなたも撮影上手! デジカメ基礎知識

『Nikon FM10』。レンズは『AI AF Nikkor 35mm f/2D』を装着『Nikon F6』。レンズは『AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G』を装着

 今回登場したカメラは、ニコンの『Nikon FM10』『Nikon F6』です。どちらもフィルム一眼レフカメラで、現在でも生産が続けられている数少ないモデルとなっています。

 Nikon FM10は、シンプルな操作性が特徴のマニュアルフォーカス一眼レフカメラです。メカニカルシャッター、多重露出機構、絞り込み機構など基本的な機能を搭載し、デジタルではオートに頼りがちな絞りやシャッタースピード、ピントを自分で設定してシャッターを切る必要があるため、カメラの基本を学ぶのにもおすすめできます。また、比較的安価に購入できるのもポイントです。

 Nikon F6は、測距素子『マルチCAM2000オートフォーカスモジュール』を搭載し、オートフォーカスに対応するフラッグシップモデルです。フォーカスエリアは9つのクロスエリアを含む11点。加えて、1005分割RGBセンサーから得られる画面内の最大輝度、輝度差情報、色情報などの情報を分類して露出値を決定する『RGBマルチパターン測光』を備えるなど、デジタルカメラに迫る機能性が特徴です。絞りの調整機能も搭載しており、絞り環を持たない現行の最新レンズも使用できます。

コダックの『kodak SUPER GOLD 400』。一般的なカラーフィルムの中でも比較的安価で、色合いも鮮やかなのが特徴です。今回はNikon FM10に装填して使用していますロモグラフィージャパンが販売する『LomoChrome Purple XR 100-400』。2014年に一般販売が開始された新しいフィルムで、被写体の緑色が紫に、青色が緑に、黄色がピンクにシフトするユニークな特徴があります。Nikon F6に装填して使用しました

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン