このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

鉄板&今が旬なパーツを性能検証!! 第7回

【鉄板&旬パーツ】補助電源なしVGAで最強のGTX950に注目

2016年06月18日 15時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

補助電源ありのGTX 950より
スコアーが1割強ダウン

 以前、補助電源ありのGTX 950を計測した際は「3DMARK」が“5959”、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」が“6563”だったので、補助電源なしのスコアーは、1割強ほどダウンしている。

 今回試した「GTX950-2G」のベンチマーク中の実測ブーストクロックは、最大で1215MHz止まりだったが、補助電源ありのGTX 950搭載ビデオカードは、スペック上のブーストクロックが1329MHzとなるオーバークロック仕様の製品になるため、GPUクロックの差が顕著に出ている感じだ。

3DMARKのFire Strike

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク。最高品質、フルHD

CPU-Z。「GTX950-2G」の最大クロック

 ほかのメーカーの補助電源なしGTX 950は、スペック上のブーストクロックが1200MHzを超えている製品が多いので、ASUS「GTX950-2G」は、GPUが消費できる電力の上限設定(Power Limit)に、75W余裕を持たせて、設定してあるのかも知れない。

主な補助電源不要のGeForce GTX 950ビデオカード
メーカー 型番 GPUベースクロック/ブーストクロック 実売価格
ASUS GTX950-2G 1026MHz/1190MHz 2万円前後
MSI GTX 950 2GD5 OCV2 1026MHz/1253MHz 1万9500円前後
GALAX GF PGTX950-OC-LP/2GD5 ZERO 1038MHz/1216MHz 2万円前後
GIGABYTE GV-N950D5-2GD 1051MHz/1228MHz(OC Mode) 2万1000円前後
玄人志向 GF-GTX950-E2GB/OC/ECO 1038MHz/1216MHz 1万9500円前後
玄人志向 GF-GTX950-E2GB/OC/LP 1038MHz/1216MHz 2万500円前後

 「3DMARK」実行中のGPUクロックは、1140~1170MHzの範囲で上下しており、1200MHz台で動作することは少なかったが、「World of Warships」をプレイした際は、おおむね1215MHzに張り付いて動作。ゲーム中のフレームレートは60~75fpsの範囲で推移し、とくにカクツクことはなかった。

 GPUクロックは制限されるものの、ライト、ミドル級ゲームを遊べるパフォーマンスを維持している補助電源が不要なGTX 950は、安心して購入してOKだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中