このページの本文へ

そろそろあこがれのフルサイズ一眼を買おうじゃないか!第2回

フルサイズ一眼のツートップ! キヤノン「EOS-1D X MarkII」&ニコン「D5」の極上画質!

2016年05月12日 10時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

感度特性をチェック! D5はISO 3280000相当まで設定できる

1DXの感度別撮影サンプル

ISO 50 ISO 100
ISO 50ISO 100
ISO 200 ISO 400
ISO 200ISO 400
ISO 800 ISO 1600
ISO 800ISO 1600
ISO 3200 ISO 6400
ISO 3200ISO 6400
ISO 12800 ISO 25600
ISO 12800ISO 25600
ISO 51200 ISO 102400
ISO 51200ISO 102400
ISO 204800 ISO 409600
ISO 204800ISO 409600

 1DXで推奨されているはISO 51200まで。それ以上は拡張機能扱いだ。ノイズが目立ってくるのはISO 12800以降だが、ディテールへの影響はISO 3200くらいから目立ってきている。

 ディテールまで考えると、最高画質がキープできるのはISO 800くらいまでで、ノイズこそ出ていないがディテールも出ていない。とはいっても、ISO 204800でも盛大にノイズがあるが偽色は少なく、十分実用可能だ。

D5の感度別撮影サンプル

ISO 50 ISO 100
ISO 50ISO 100
ISO 200 ISO 400
ISO 200ISO 400
ISO 800 ISO 1600
ISO 800ISO 1600
ISO 3200 ISO 6400
ISO 3200ISO 6400
ISO 12800 ISO 25600
ISO 12800ISO 25600
ISO 51200 ISO 102400
ISO 51200ISO 102400
ISO 204800相当 ISO 409600相当
ISO 204800相当ISO 409600相当
ISO 819200相当 ISO 1638400相当
ISO 819200相当ISO 1638400相当
ISO 3280000相当 ISO 3280000相当

 D5で推奨されているのはISO 102400まで。それ以上は拡張機能扱いとなる。内部で明るさの補正が行なわれている。

 ノイズが目立ってくるのはISO 51200以降で、ディテールへの影響はISO 3200あたりから出はじめる。最高画質をキープできるのはISO 1600くらいまでだろうか。

 拡張機能に入るISO 204800相当以降になると偽色も増えてくるが、それ以前ではノイズも荒くないので実用性はある。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン