このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

うわあああああああ

確実に起きる、めざましイヤホンにこの世の終わりを感じた

2016年04月16日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人生の破滅を防ぐ6000円

 もちろんキングジムのみなさんは、散々ご検討された末、まずは基本機能に絞って商品化されたのだとは思いますが、いくつか思いつくところを申し上げます。

 まず、本体が大きいので、Bluetoothでも良かったのではないか。快眠という前提ならばノイズキャンセルだって入れられる。液晶部分は逆にクリップで胸ポケットに付けて、ディスプレーに「高尾駅で降ろしてくださいお願い♥」などと明滅させても良い。

 そして案外とタイマー設定が面倒です。ダイヤも乱れがちな昨今、設定した時刻に電車が着くとも限らない。そもそもユーザーは酔っぱらいです。だからスマートフォン側のGPSソフトと連動させて、目的の駅の手前で鳴るようにするとか。

 いずれにしても、ネタに窮している感のあるオーディオメーカーと違って、さすが目の付けどころが鋭い。イヤフォンとしては案外高価な6000円ですが、それをはるかに超える価値はあるように感じました。

 というのも、私の知り合いには酔っぱらいが多いせいか、金曜深夜には「駅員さんから終点ですと起こされた」といった書き込みをされる方が多い。終点からタクシーで何駅か戻るとなると、深夜でもあり料金も馬鹿にならないはずです。

 私が普段使う京王線なら、高尾山口(東京都八王子市)や橋本(神奈川県相模原市)で止まってくれますが、中央線ご利用のみなさんは悲惨です。気がついたら大月(山梨県大月市)だったということも年に数回は聞く話で、こうなるとタクシーで戻ると万単位の金額に。

 さらに言うなら、終点で気がつけば、むしろいい方です。聞くところによると、目が覚めたら知らない場所で素っ裸で眠っていて、そこまでのプロセスをさかのぼるのすら差し障りがあるような事案なども発生しているようで、そこにはこんなレビューではとても書けないような、恐ろしい顛末が待っているに違いありません。

 お酒は程々に。そして人生を破滅へ導く前に、ぜひ目を覚まし、自らの意志で家にたどり着いてください。



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中