このページの本文へ

2015年CPUクーラー最強王座決定戦(全高130mm以上編)第2回

価格=性能!?  2015年CPUクーラー王座決定戦【第2回】

2016年03月01日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

冷却重視の新モデル
CRYORIG「H5 ULTIMATE」

 続いては2014年8月に発売され、2014年の王座決定戦にもエントリーしたCRYORIG「H5 UNIVERSAL」の冷却重視モデル「H5 ULTIMATE」だ。

 搭載ファンが薄型140mmの「XT140」から、25.4mm厚の通常タイプ「XF-140」に変更。ヒートシンク自体は同じだが、ファンの最大風量が65CFMから76CFMにアップし、対応TDPは160Wから180Wに向上している。

  • 対応ソケット:LGA775/115×/1366/2011/2011-v3、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2
  • 寸法/重量:143(W)×110.9(D)×168.3(H)/約920g(ファン含み)
  • ファンサイズ:140mm
  • ファン回転数:700rpm~1300rpm(±10%)
  • 風量:~76CFM
  • ノイズ:19~23dBA
  • 実売価格:7600円前後
  • 製品情報URL:http://www.dirac.co.jp/h5-ultimate/

 フィンを蜂の巣状にすることで、エアフローの乱流を防ぎ、直線的な風の流れを実現するハニカム構造ヒートシンクの「Hive Fin Design」や、フィンのピッチを変えることで風の流れを高速化するという「Jet Fin Acceleration System」、ヒートパイプの位置を最適化した「Heatpipe Convex-Align System」など、CRYORIGのこだわり満載のヒートシンクが特徴になる。

 固定方式は、ENERMAXとサイズなどと同じ(名称は各メーカーで違うが)で、リテンションをマザーボードに取り付け後、ヒートシンクを固定するブリッジ式の「MultiSegクイックマウントシステム」を採用している。

 ブリッジ式固定を採用する他のメーカーにも言えるが、テスト後のグリス状態を見る限り、受熱ベースには均一に圧がかかるようになっている。

受熱ベース中央を渡るブリッジプレートを2本のネジで固定する「MultiSegクイックマウントシステム」。名称は違うが、今回試したENERMAXやサイズも同様の工程方式になる

 冷却性能は第1回で優秀だったサイズ「忍者四」と同じ傾向で、オーバークロック状態の高負荷時最高が74度、平均が58.1度になった。搭載ファンは800~1300rpmの冷却重視タイプのため、定格、オーバークロックともに騒音値は高めで、定格運用時も40dBAを超えている。

 高い冷却性能を持っているものの、飛び抜けているわけではないので、なかなか悩ましい。選ぶ際はCPUクーラーとしては異例の6年間保証や見た目がいいハニカム構造の高品質ヒートシンクなど、プラスアルファのポイントにどのくらい魅力を感じるかだろう。

Core i7-6700K 定格クロック/アイドル時
  CPU温度
(平均)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
アイドル時 25 ℃ 28.8 ℃/27.3 ℃ 31 ℃ 44 ℃ 860 rpm 35.1 dBA
TS15Aより -3 ℃ +1.3 ℃/+1.3 ℃ +2 ℃ +7 ℃ -152 rpm +0.6 dBA
Core i7-6700K 定格クロック/高負荷時
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
高負荷時 51.2 ℃/63 ℃ 35.5 ℃/34.3 ℃ 51 ℃ 47 ℃ 1171 rpm 41.1 dBA
TS15Aより -9.6 ℃/-14 ℃ -1.5 ℃/-1 ℃ -1 ℃ ±0 ℃ -2507 rpm -11.5 dBA
CPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態
Core i7-6700K オーバークロック/アイドル時
  CPU温度
(平均)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
アイドル時 30 ℃ 29.8 ℃/28.0 ℃ 37 ℃ 43 ℃ 856 rpm 35.1 dBA
TS15Aより -4 ℃ +2.8 ℃/+2.7 ℃ +8 ℃ +5 ℃ -447 rpm -1.6 dBA
Core i7-6700K オーバークロック/高負荷時
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
高負荷時 58.1 ℃/74 ℃ 36.3 ℃/34.8 ℃ 57 ℃ 48 ℃ 1339 rpm 45.7 dBA
TS15Aより -12.9 ℃/-17 ℃ -1.2 ℃/-1 ℃ +5 ℃ +4 ℃ -2339 rpm -6.9 dBA
オーバークロック&ファンPWMコントロール時のCPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態
Core i7-6700K オーバークロック/ファン回転数1100rpm固定
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
騒音値
高負荷時 58.5 ℃/76 ℃ 36.8 ℃/35.5 ℃ 57 ℃ 48 ℃ 41.1 dBA
PWM時より +0.4 ℃/+2 ℃ +0.5 ℃/+0.7 ℃ ±0 ℃ ±0 ℃ -4.6 dBA
ファン回転数1100rpm固定時のCPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中