このページの本文へ

2015年CPUクーラー最強王座決定戦(全高130mm以上編)第1回

全高130mm以上のCPUクーラー8製品を見極める!【第1回】

2016年02月29日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大型ヒートシンク採用の
サイズ「忍者四」

 続いては、サイズの人気CPUクーラー「阿修羅」(型番:SCASR-1000)、「虎徹」(型番:SCKTT-1000)の設計思想を受け継いでいるというサイドフロー型の「忍者四」(型番:SCNJ-4000)。

 初代「忍者」から数えて7モデル目にあたり、全高こそ155mmに抑えられたが、歴代最大サイズとなる130(W)×130(D)mmの大型ヒートシンクと6本の6mm径ヒートパイプ、ファンの最大回転数をLow/Medium/Highの3段階に切り替えできる120mmPWMファンで構成されている。

  • 対応ソケット:LGA 775/115×/1366/2011/2011-v3、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+
  • 寸法/重量:130(W)×153(D)×155(H)/約900g(ファン含む)
  • ファンサイズ:120mm
  • ファン回転数:Low 300~800rpm(±20%)、Medium 300~1150rpm(±10%)、High 300~1500rpm(±10%)
  • 風量:Low 12.93~43.50CFM、Medium 12.93~63.73CFM、High 12.93~84.64CFM
  • ノイズ:Low 4.0~12.5dBA、Medium 4.0~23.5dBA、High 4.0~29.5dBA
  • 実売価格:6000円前後
  • 製品情報URL:http://www.scythe.co.jp/cooler/scnj-4000.html

 剛性と熱伝導率を高めるという0.4mm厚の放熱フィン採用の大型ヒートシンクや6mm径×6本のヒートパイプ、ファン側で最大回転数を調節できる120mmサイズの「隼120系PWMモデル」付属で、6000円前後となかなか魅力的な価格になっている「忍者四」。

 固定は受熱ベース部に固定バーを渡して固定するブリッジ式リテンション方式を採用。大型ヒートシンク採用のCPUクーラーは固定時に別途軸の長いドライバーを用意する必要があったりするが、サイズは握りが小さく軸の長いドライバーが付属しているので安心。

 ただ、大型CPUクーラーのため、メモリーとの干渉や使用するPCケースがサポートしているCPUクーラー高には若干注意が必要。とは言え、メモリースロット部との干渉は最低限になるように設計されており、テストに使った高さ40mmのメモリーでも問題はなかった。

 進化を続けているサイズ製CPUクーラーだけに、冷却性能と静音性のバランスはバッチリで、CPU温度はオーバークロック時でも最高74度、平均58.2度になっている。

 ファンのPWM帯域は最大1500rpmのHighでテストしているため、最大1490rpmを記録したが、騒音値は43.8dBAと、シャーという風切り音が多少する程度だった。PCケースの遮音性によっては、High状態でも十分静かに運用可能だ。

 ただ、Low設定時の最大回転数となる800rpmに固定した状態でもCPU温度は最高73度、平均58.3度と、PWMコントロール時とほぼ同じだったのを踏まえると、テスト環境のような軽いオーバークロック動作までなら、ファンのPWM帯域はLowで使うのが良いだろう。

 なお、ファン吸気側に位置するメモリーの温度は良好だが、VRMやM.2 SSDの温度はIntel「TS15A」より若干だがアップしている。CPUソケット周りのエアフローが少なくなるサイドフロー型&静音に重きを置き、風量がダウンするファンの場合は、やむを得ないところ。

Core i7-6700K 定格クロック/アイドル時
  CPU温度
(平均)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
  23 ℃ 25.8 ℃/24.8 ℃ 28 ℃ 39 ℃ 553 rpm 33.4 dBA
TS15Aより -5 ℃ -1.7 ℃/-1.2 ℃ +1 ℃ -2 ℃ -459 rpm -1.1 dBA
Core i7-6700K 定格クロック/高負荷時
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
  52.1 ℃/66 ℃ 37.5 ℃/35.8 ℃ 52 ℃ 46 ℃ 873 rpm 34.7 dBA
TS15Aより -8.7 ℃/-11 ℃ -0.5 ℃/-0.5 ℃ ±0 ℃ +1 ℃ -2805 rpm -17.9 dBA
CPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態
Core i7-6700K オーバークロック/アイドル時
  CPU温度
(平均)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
  31 ℃ 25.5 ℃/24 ℃ 30 ℃ 39 ℃ 561 rpm 33.4 dBA
TS15Aより -3 ℃ -1.5 ℃/-1.3 ℃ +1 ℃ +1 ℃ -742 rpm -3.3 dBA
Core i7-6700K オーバークロック/高負荷時
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
回転数
ファン
騒音値
  58.2 ℃/74 ℃ 36.3 ℃/34.3 ℃ 56 ℃ 45 ℃ 1490 rpm 43.8 dBA
TS15Aより -12.8 ℃/-17 ℃ -1.2 ℃/-1.5 ℃ +4 ℃ +1 ℃ -2188 rpm -8.8 dBA
オーバークロック&ファンPWMコントロール時のCPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態
Core i7-6700K オーバークロック/ファン回転数800rpm固定
  CPU温度
(平均/最高)
メモリー温度
(DIMM1/DIMM3)
VRM
温度
M.2 SSD
温度
ファン
騒音値
高負荷時 58.3 ℃/73 ℃ 36.8 ℃/34.5 ℃ 57 ℃ 47 ℃ 34.2 dBA
PWM時より +0.1 ℃/-1 ℃ +0.5 ℃/+0.2 ℃ +1 ℃ +2 ℃ -9.6 dBA
ファン回転数800rpm固定時のCPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中