このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第366回

クラウドに録画できるウェブカメラ「SpotCam-HD-Pro」を衝動買い!

2016年02月10日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

消灯した会議室も部屋の隅々まで確認できる

SpotCam-HD-Proをオフィスに持ち込んで見てみた。110度の広角は10人程度の会議室ならほぼ全域をカバーできる SpotCam-HD-Proをオフィスに持ち込んで見てみた。110度の広角は10人程度の会議室ならほぼ全域をカバーできる

 屋外での実証ができ、おおよその感じが掴めたので、今度は、オフィスの会議室の環境で使ってみようと考え、赤坂のマンションの一室にSpotCam-HD-Proを24時間だけ持ち込んでテストしてみた。

パソコン利用なら、注目したい録画の特定部分だけを拡大して見ることもできる パソコン利用なら、注目したい録画の特定部分だけを拡大して見ることもできる

 110度の広角だと、ほぼ8名がゆったり会議できるスペースのほぼ全部が録画範囲に入る。またクライアントデバイスがパソコンであればSpotCamのウェブからみることで、録画映像の任意の一部だけを拡大することも可能だった。

執務状況の照明ならこういう感じの明るさで録画が可能だ すべての照明が消えた状況でもほぼ部屋の隅々まで確認はできる
執務状況の照明ならこういう感じの明るさで録画が可能だすべての照明が消えた状況でもほぼ部屋の隅々まで確認はできる

 会議室の室内照明がほぼ消灯の状況でも、この程度の面積の会議室なら部屋の隅々まで見えるようだ。

クラウドベースのネットワークカメラは
いろいろ適した場所がありそう

 まだまだmicroSDカード内蔵でスタンドアローン型の安価なウェブカメラが大半を占めているウェブカメラ業界だが、スモールビジネスエリアのオフィス監視や、幼稚園、ペットホテルなどなど、SpotCam-HD-Proに適した職場やスペースはいろいろありそうだ。

 一時費用としてハードウェア代が2万円少々かかるが、24時間の無料録画サービスが付加されていると考えれば、極めて価格性能比の高い見守りシステムだと言えるだろう。

■関連サイト

T教授

今回の衝動買い

アイテム:プラネックスコミュニケーションズ「SpotCam-HD-Pro」

価格:アマゾンにて2万2695円で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン