このページの本文へ

それでも面白い製品はいっぱい出た

2015年、Windows 10に翻弄されたPC業界

2015年12月29日 15時00分更新

文● 小林/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高性能なデスクトップは改めて注目したい存在

 次に注目を浴びている、ハイスペックなゲーミングPC。

 ゲーミングPCの市場がにぎわっているのは世界的な傾向だが、国内でもマウスコンピューターやユニットコム、ドスパラなどのBTO系ブランドがゲーム対応のハイスペックパソコンに注力している。そんな中、注目したいのが、マウスコンピューターの「LITTLEGEAR」やユニットコムの「C-Class」など、高性能でありながら高さを抑え設置性に優れたデスクトップが登場したことだ。

マウスコンピューターのLITTLEGEAR

 マウスコンピューターのLITTLEGEARは取って付きの独特な外観。デスクトップ上はもちろん、テレビサイドに置くパソコンとしてもなかなか魅力的だ。

LEVEL∞のC-Class

目新しさだけでなく、吟味された完成度の高い2in1が続々と

 3点目は2in1スタイルのパソコンの完成度がより一層高まってきたこと。

 キックスタンドが付いた、マイクロソフトの「Surface Pro 4」。独特なヒンジを備えたレノボの「YOGA」。そして各社のキーボード着脱式タブレットなど。非常に豊富な選択肢が増えている。またSkylakeや新型Atomなどを搭載することで、高性能と長時間駆動、薄さを兼ね備えたモデルも増えてきた。Windows 8以降、種類を増やしてきたジャンルであり、ユーザーとしてもだいぶ見慣れてきた面がある。つまり熟成され、製品としての完成度は確実に高くなってきている製品カテゴリーだ。

Surface Pro 4。2in1としては代表的な存在か……。
Surface Book。国内では未発売だがプレミアム2in1として新たな提案がかなり盛り込まれている。
SurfaceBook

 2in1は目新しさで選ぶのではなく、実用性や用途を意識した選択ができるようになってきている。特に打ちやすいキーボードにこだわった2in1は、Windows 10以降のモバイルPCを選ぶうえで、見逃せない存在と言えそうだ。このあたりはSurface Pro 4のキーボードの打鍵感ひとつをとっても実感できるところ。

上質感を前面に打ち出した、HPの「Spectre 13-4100 x360 Limited Edition」。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン