このページの本文へ

銀行口座と他社クレカの一体化も

APIエコノミーで新しい世界広げる、IBM FinTech Meetingから

2015年11月12日 09時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

注目のブロックチェーン通貨と法定通貨の取引所を担うペイワード

 5人目の登壇者は、ペイワードで日本事業開発部長を務める三島一祥氏。

ペイワードで日本事業開発部長を務める三島一祥氏

 同社は前述のブロックチェーンのサービスを手がける企業。ブロックチェーンという技術を利用することで、中央の決済機関を経由することなく金融取引が可能になります。有名なのはビットコインなので、多くの人は胡散臭いイメージがあると思いますが、金融業界ではかなり注目されている技術です。

 ブロックチェーンのマイニングノード数は全世界に6000箇所、1万台以上あります。

 ペイワードが提供する「KRAKEN」は、ビットコインをはじめとするさまざまなブロックチェーン通貨と法定通貨を交換できる取引所です。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ