ウェブ直販ではLAVIE Direct NS (e) [Note Standard]

平凡と言うなかれ、基本をかっこよく持てるLAVIE Note Standard

山口優、編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブランドロゴが刷新され新デザインを採用

 世界最軽量モバイルのLAVIE Hybrid ZEROなどを擁するNEC PCのラインアップの中で、スタンダードノートは地味な印象があるかもしれないが、大画面で基本性能が高く、価格も入手しやすいという点で、バランスが取れた製品であるのもまた事実である。

「LAVIE Note Standard NS150」

 そんな中、LAVIE Note Standard NS150(直販モデルではLAVIE Direct NS (e) [Note Standard]と表記)はデザインがより薄型となり、家の中ではかさばらず、外出先に持ち運ぶ際でもよりスムーズにかばんに入れられるようになっている。

ボタン類やスピーカー部もデザインが変更されている

パームレスト部のロゴも新しいブランドロゴに変更されている

本体四隅の丸みが小さくなり、全体的にシャープな印象になった

 前モデルでは本体のコーナー部分に大きめのRがついていたが、新モデルでは丸みが小さくなって鋭角的な雰囲気になっている。そのため、本体のサイズ自体は前モデルから変更がないものの、全体から受ける印象は、よりシャープかつ洗練されたものになっている。

光学ドライブは、DVDスーパーマルチドライブが内蔵されている。バッテリーは従来通り取り外し可能。駆動時間はカタログ値で約6.2時間(JEITA Ver2.0)となっているが、BBenchで「60秒間隔でのWeb巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」に設定して計測したところ、ECOモードの場合7時間程度の駆動が可能だった

 全体のシルエットだけでなく、キーボード上部のボタンやスピーカー部などの細かい部分のデザイン処理も変更されている。従来の親しみやすいデザインも嫌いではないが、新モデルのデザインはより垢抜けた感じで好印象だ。

本体左側面には、DCコネクタ、LAN、HDMI、USB3.0×2、SDメモリーカードスロットを搭載している

本体右側面には、ヘッドフォン/マイク端子、USB2.0、光学ドライブを搭載している

 薄型化しても、ハードウェア的には前モデルからほとんど変更がない。搭載するCPUはインテルのデュアルコアCeleron 3205U(1.5GHz)、グラフィックスはCPU内蔵のインテルHDグラフィックス、メモリーは標準で4GB、ストレージは1TBのSATA HDDと従来のまま。Windows 8.1のシステム評価ツール「WinSAT.exe」では、次のような結果になり、パフォーマンスも前モデルと同等の水準を維持している。

WinSAT.exeの結果
プロセッサ 5.8
メモリー 5.9
グラフィックス 4.7
ゲーム用グラフィックス 4.9
プライマリディスク 5.9

 このほか、インターフェイスも従来と変わらず、各ポートの配置もこれまで通り。本体左側面にDCコネクタ、LAN、HDMI、USB3.0×2、SDメモリーカードスロットを、右側面にヘッドフォン/マイク端子、USB2.0、光学ドライブを搭載している。

NEC Direct

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月