このページの本文へ

コンパクトデザインでマルチモニター利用にも最適

ブルーライト低減機能も搭載するフルHD対応20型ワイド液晶

2015年04月22日 17時03分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LCD-MF211E

 アイ・オー・データ機器は4月22日、フルHD(1920×1080ドット)対応のTFT20.7型ワイド液晶モニター「LCD-MF211E」を発表した。5月中旬に発売する。

 非光沢パネルを採用し、バックライトのLED光源にはちらつきをなくしたフリッカーレス設計。さらにディスプレー本体でブルーライトを低減するブルーリダクション機能を搭載するなど目に優しい設計となっている。

本体背面。本体色はブラック/ホワイトの2製品が用意される 

 液晶周囲のフレームを小型化し、一般的な20~21型クラスのモニター製品に比べてコンパクトに仕上がっているのが特長。1W+1Wのステレオスピーカーを搭載。映像/音声入力はアナログRGB、DVI-D(HDCP対応)、HDMI、音声入力。本体サイズは幅490×高さ352×奥行き178mm、重量約3kg(スタンド付き)。背面にはVESAマウントも装備し、スタンドは取り外し可能。予想実売2万952円。

■Amazon.co.jpで購入【既存製品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン