このページの本文へ

オンキヨー協力のもと、ハイレゾ規格に準拠

PCオーディオの新境地! 初の「ハイレゾPC」2モデル

2015年04月22日 14時04分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ハイレゾロゴを付与された初の「ハイレゾPC」が2モデル登場

 アビーは4月22日、ハイレゾ音源に対応したオーディオPC「ADIVA K1」「ADIVA K10」を販売開始した。

 オンキヨーの協力のもと、日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠し、PCとして初めてハイレゾロゴを付与された製品となる。

 本格的なピュアオーディオ環境はプレーヤーやアンプ、スピーカーなど複数の製品を組み合わせて構築するため、一般的なユーザーが手を出しにくい環境にあるが、ADIVAは本格オーディオシステムのような機器の組み合わせやケーブル配線を必要とせず、1台で本格オーディオシステムに迫るハイクオリティーなサウンドを楽しめるとしている。再生以外にも、楽曲のダウンロードやCD音源のリッピング、アップサンプリングや管理など、ハイレゾオーディオを楽しむための機能を備える。

ADIVA K1。スピーカーの有無はモデルごとに選択可

 ADIVA K1は、オンキヨーの特許技術「VLSC」回路を盛り込んだオーディオエンジンを搭載し、最高級クラスのオーディオ機器でも使われる高品位パーツの採用をはじめ、高度なオーディオ設計の採用をうたう。シャーシには電磁ノイズ抑制、制振性、放熱性に優れる肉厚の硬質アルミニウムを採用。ノイズ対策やファンレス設計、SSDの採用など、純粋にオーディオを楽しむための配慮を施している。

 CPUはAMD E1-2100(1GHz)、メモリーは4GB、ストレージは256GB SSD。GPUはRadeon HD 8210(CPU内蔵)だ。インターフェースはUSB 3.0×2、USB 2.0×4、HDMI端子、D-Sub15ピン端子など。光学ドライブとしてBlue-ray Discドライブを備える。OSはWindows 8.1 update(64ビット)。

 本体サイズはおよそ幅215×奥行き290.5×高さ106.3mm、重量は約3.1kg。オンキヨー製スピーカーを付属する標準モデルとスピーカーレスモデルを販売し、直販価格は標準モデルが19万4184円、スピーカーレスモデルが17万2584円。

上位モデルのADIVA K10。オンキヨー製DACを搭載

 上位モデルとなるADIVA K10は、動的ノイズを抑制するDIDRCを搭載し、192kHz/32bitまでのフォーマットに対応したオンキヨー製D/Aコンバーター「DAC-1000」を採用。オンキヨーのフラッグシップアンプで開発された「VL Digital」技術搭載のハイエンドスピーカーを標準モデルに付属するなど、より質の高いオーディオ技術を採用している。

 CPUはCeleron J1900(2GHz、最大2.41GHz)、メモリーは4GB、ストレージは256GB SSD。主なインターフェースはUSB 3.0×1、USB2.0×4、HDMI端子、D-Sub15ピン端子など。光学ドライブとしてBlue-ray Discドライブを備える。OSはWindows 8.1 update(64ビット)。

 本体サイズはおよそ幅215×奥行き290.5×高さ106.3mm、重量は約3.1kg。直販価格は標準モデルが28万584円、スピーカーレスモデルは24万8184円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン