このページの本文へ

レノボ、米国に体験型・大規模企業ソリューション施設を開設

2015年04月20日 13時53分更新

文● 小林/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは4月16日(現地時間)、米国のリサーチトライアングルパークキャンパス内に、約990m2と広大な“エンタープライズ・ブリーフィング・センター”を新設した。大企業向けのすべての製品・新技術・各種サービスを体験できる場所とする計画だ。開設に当たっては、デザイン会社のThe Brand Experienceが協力。コンサルティングや意見交換に加え、テストや試用なども可能だという。

 Intel、Samsung Semiconductor、QLogic、Emerson Network Powerなどのパートナーとも協業し、投資規模は数百万ドル規模になる見込み。報道発表では各社が賛同のコメントを寄せている。ドイツ・シュツットガルトにあるHPCイノベーション・センターのほか、開設を計画しているシュツットガルトと北京のブリーフィング・センターなどを含めて、顧客との接点を深められる場所を強化していく計画だという。

カテゴリートップへ