このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第126回

LG/京セラ/富士通、格安LTEスマホの端末と回線の速度を測る

2015年04月20日 15時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

通信速度比較ではワイモバイルのSpray
20Mbps突破も!

 通信速度のテストは、3機種ともそれぞれのサービスモSIMカードを挿して行なう。Sprayはワイモバイル、LUCEはau MVNOのmineo、ARROWS M01はドコモMVNOの楽天モバイルとなる。

 測定場所は横浜駅前、東京駅のホーム、浦安駅前の3箇所。各駅で下り、上り、どちらも3回、測定サイト「BNRスピードテスト 画像読込み版」を使い通信速度を計測した。

 使用したアプリは、SprayとARROWSは標準のブラウザアプリ、LUCEはChromeである。

 計測日は4月上旬の土曜日。普段の土曜日より周囲の人は少なめだった。電波の状況については、ワイモバイルのSprayは常に4Gのアンテナが4本中4本で完璧だが、mineoのLUCEは1~4本、楽天モバイルARROWS M01は2~4本とMVNOの2機種は表示だけではやや不安定だった。

  Spray
(ワイモバイル)
LUCE
(mineo)
ARROWS M01
(楽天モバイル)
横浜駅
(下り/上り)
20.76Mbps
6.01Mbps
3.14Mbps/
2.04Mbps
3.43Mbps/
2.95Mbps
東京駅
(下り/上り)
13.48Mbps
9.03Mbps
5.59Mbps/
4.15Mbps
0.84Mbps/
4.59Mbps
浦安駅
(下り/上り)
20.31Mbps
3.81Mbps
4.39Mbps/
4.11Mbps
1.18Mbps/
3.14Mbps
全計測の平均
(下り/上り)
16.12Mbps
5.50Mbps
3.10Mbps/
3.03Mbps
1.35Mbps/
3.04Mbps

 ここで圧勝したのがワイモバイルのSpray。基本的にソフトバンク網を用いるワイモバイル端末で、本機はこれまでも比較的高速な数値が出ているAXGP網にも対応している。最速値で20Mbps、平均でも16Mbpsを維持した。唯一の黒星は浦安駅での上りの速度のみとなった。

 それに続くのはmineoのSIMを用いるLUCE。下り3~5Mbps、上りで2~4Mbpsと安定している。過去のauスマホであれば、20Mbps程度は安定していて出ていたが、スマホで使うぶんには大きな不満は無いだろう。

 楽天モバイルのSIMを用いるARROWS M01は、下りよりも上りの通信速度のほうが良い結果。もともとこの連載ではドコモの通信速度が伸び悩んでいるものの、同じサービスで帯域を共有するMVNOの特徴が出た形になったと言える。特に東京駅ホームでテストした場面では1Mbpsを切っている。

ウェブサイトの表示時間を比較
再びSprayがリードするものの?

 LTE対応とはいえ、MVNO勢はやや厳しい結果となった。しかし過去の連載でもそうであるように、「実際に使ってみるとそれほど差は無い」ということもある。

 そこで最後にウェブサイトの表示時間を比較する。測定場所は通信速度の計測を行った3駅。それぞれASCII.jpのPCサイトを完全表示するまでの時間をストップウォッチで3回計測した。なおこのテストでは3機種ともChromeアプリを使用している。

  Spray
(ワイモバイル)
LUCE
(mineo)
ARROWS M01
(楽天モバイル)
横浜駅 7秒05 11秒59 6秒65
東京駅 6秒32 6秒59 7秒98
浦安駅 6秒83 7秒28 6秒95
全計測の平均 6秒93 11秒72 8秒90

 やはりSprayが6秒台で勝利したものの、通信速度では非常に遅かったARROWS M01が平均8秒台、最速タイムでは6秒台を出し大健闘している。LUCEも6秒台~20秒台までムラがある結果とはなったが、平均タイムで11秒台。通信速度の差を考えると健闘しているだろう。

 また実利用面では、一部の画像がなかなか表示されないだけなので実用上は3機種ともほとんど差は無い。数Mbps以上の通信速度の差はスマホでブラウザーを使う程度なら、それほど影響しないといういつもの結論となった。


勝利はLUCEで決まり!
Sprayも通信速度で圧倒したが……

 今回はmineoのLUCEを勝利機種としたい。やはりスクロール、文字入力、起動時間の3連勝で決まった形だ。

 通信速度だけを見ればワイモバイルのSprayが圧倒的大差をつけているのだが、今回は3万円台の安いスマホということで、実用上問題ないならmineoや楽天モバイルの結果でもいいかなと感じる。このあたりはどの機能を重視するかで変わりそうだ。

 次回はカメラ比較。正直このクラスのスマホのカメラには期待が持ちにくいのだが、むしろこの価格帯でどんな機能を載せているのか、そして省いているのか、画質はどの程度なのか気になるところだ。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン