このページの本文へ

45件のセキュリティ脆弱性を修正

「Google Chrome 42」公開、ウェブサイトから通知を送るPush APIをサポート

2015年04月17日 17時34分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最新版Chrome 42がリリース

 Googleは4月17日、ウェブブラウザー「Chrome」の最新バージョン42.0.2311.90を公開した。

 最新バージョンは、ウェブサイトから通知を送る「Push API」など、アプリや拡張機能向けのAPIを追加。安定性とパフォーマンスも改善したという。

 そのほか45件のセキュリティの脆弱性を修正した。セキュリティ上のリスクが4段階で2番めに高い「High」が4件、3番目の「Medium」が8件が含まれる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン