このページの本文へ

せこい真似をしている業者がいるようだ

ニコン、ガワだけひとつ上の機種に偽装した一眼デジカメに対する注意喚起

2015年04月15日 16時37分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Nikon D800

 ニコンは4月14日、同社一眼レフ機の不正改造品、模倣品に関する注意喚起を行った。

 不正改造品、模倣品は同社サービスセンターに持ち込まるなどして発見されたもので、ネットオークションなどで流通しているという。一例としては、一眼レフデジカメ「D800」を外観カバーを一部取り替えて「D800E」としたもの、同様に外観カバーや銘板を換装して「D4」を「D4S」に、「D7100」を「D610」としてものがあるという。

いずれの機種も1コマ表示モードで「統合表示」にした際に右上に正しいカメラ名が表示されるので確認できる

 液晶モニターのメニュー画面などで正しい製品名が確認できる。ニコンでは不正改造を行った商品に関しては保証規定が適用できずで点検・修理できないとし、ネットオークションなどでの購入に際しては十分注意するようにと呼びかけている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン