このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

獲るぞ二連覇!ベンツで挑む初音ミクGTプロジェクト8年目第2回

初音ミクSLS、天候に悩まされた開幕戦は粘りの5位!

2015年04月11日 17時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

また今年も雨! 岡山開幕戦の予選は
例年通りのコンディション

   ついにSUPER GTの2015シーズンが幕を開けた。我らがGOODSMILERACING & TeamUKYOは昨年までのBMW Z4 GT3からメルセデス・ベンツ SLS AMG GT3にマシンをスイッチして、初めてのレースとなる。

 チームとしては2012年から連続して表彰台を獲得している岡山国際サーキット。相性が悪いわけではないが、毎年悪天候で(昨年はヒョウが降った)、泥仕合になることが多かった。今年も例に漏れず金曜日から雨。3月下旬からかなら気温は上昇していたが、なぜかレースウィークは天候が荒れていた。

 だが、予選が行なわれる土曜日は一時的に雨があがり、昼前にはコースもドライに変わりつつあった。練習走行の後半からあらゆるマシンのラップタイムが上がっていた。午後から行なわれる予選は、今年もQ1(予選1回目)とQ2(予選2回目)の2段階で振り落とされるノックアウト方式が採用される。Q1では13位以下のタイムだと足切りになってしまうので、どちらのドライバーでQ1をアタックさせるのかがチームの重要な戦略になる。

 とはいえ、GSRはダブルエースなのでその点は安心。Q1は片岡選手がアタックし、「1'27.580」のベストタイムを記録。Q1の後半からライバルたちのタイムもあがり始めたが、最終的には10番手タイムで無事に通過した。

 Q2を担当するのは谷口選手。コースイン直後にベストタイム「1'27.288」を叩き出す。だが、上位を占めるのは26秒台を記録しているライバルたち。なんとか7位で踏みとどまり、決勝グリッドの7番手を獲得した。


(次ページでは、「雨は降るのか止むのか? タイヤ選択に悩む」)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ