このページの本文へ

いろいろなシミで試した結果

しょうゆがキレイに! ハンディ洗濯機「COTON」でシミを落としてみた

2015年04月11日 15時00分更新

文● 西牧/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

色素のシミもOK! 油性は厳しいかも?

 一言にシミといっても、いろいろな種類がある。先にも述べたようにしょうゆは水溶性。コーヒーやジュースなどの飲料もこれにあたる。

 そのほか、チョコや口紅といった油性のシミ、赤ワインや果汁に見られる色素シミ、肉や卵のたんぱくのシミ、そしてこれらが混ざっているカレーのような混合のシミなどがある。

 これらのシミに対してCOTONはどの程度有効なのかも試してみた。

 今回は付着してから1時間経過したシミを「水」「洗濯用液体洗剤+水」「台所用洗剤+水」「ハンドソープ+水」で対応。ランチから戻ってきたビジネスマンがしばらくしてからシミに気づき、オフィスにありそうなもので落とそうとする、と想定したものだ。

 ちなみに液体洗剤は弱アルカリ性、台所洗剤は弱酸性、ハンドソープは中性のものを使った。シミはチョコレート、赤ワイン、カレー、そして参考までに不溶性で家庭でのシミ抜きは難しいとされる墨汁を選んだ。

シミは上からしょうゆ、チョコ、赤ワイン、カレー、墨汁。左から水、液体洗剤、台所洗剤、ハンドソープで落としていく。しょうゆは水と洗濯洗剤で落とせるのがわかったから、2つのシミだけにした

 その結果がこちら。

COTON使用直後のシミ
洗濯用液体洗剤+水 台所用洗剤+水 ハンドソープ+水
しょうゆ - -
チョコ × × ×
赤ワイン × ×
カレー × ×
墨汁 × × × ×
家庭用洗濯機で洗った後のシミ
洗濯用液体洗剤+水 台所用洗剤+水 ハンドソープ+水
しょうゆ - -
チョコ × × × ×
赤ワイン
カレー
墨汁 × × × ×

※ ○はシミが目視で確認されなかった状態。△はよく見るとシミが残った状態。×は1m離れた所からシミが確認できた状態。

 COTON使用直後、目で見た限りでは一部の赤ワインは落ちた。しかし、それ以外は色がはっきり見える、もしくはうっすらと見える程度にシミが残った。

 その後、家庭用洗濯機で洗濯したところ、赤ワインのシミはすべて消えた。チョコ、カレーは薄く色が残り、墨汁はさすがに対処できなかった。

 ちなみにカレーは付着して5分後に液体洗剤を塗り、COTONを使ったところ落ちた。また、チョコについても液体洗剤を塗り、COTONに水を入れずたたき、色が落ちたところで、再度水を入れた状態でたたいたら落ちた。油を含んだシミはさすがにスピードが求められるのがわかる。

COTON使用直後。写真だと見づらくなってしまい恐縮だが、シミが目視で確認できた

こちらは家庭用洗濯機で洗った後。上の方に油のようなものが残っているのがチョコだったところ。チョコと墨汁以外は白く見えるが、カレーだったあたりをよく見ると黄色が確認できる

(次ページでは、「どこで使うべきかを考えてみる」)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ