このページの本文へ

4K映像時代に映像だけでなく各種情報の伝達・共有に

富士ゼロックス、4K映像と音声に加えて1000BASE-T伝送も可能な光伝送器を開発

2015年04月08日 19時05分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4K HDMI・IP光送信器/受信機

 富士ゼロックスは4月7日、世界初の4K映像・音声とともにLAN(1000BASE-T)データを光ケーブル1本で同時に伝送できる「4K HDMI・IP光伝送器」を開発、5月15日に発売する。

 同社の面発光型半導体レーザー素子を用いるもので、4K(30fps)映像のリアルタイム伝送のほか1000BASE-TのIP通信が可能。伝送距離は800m。4K映像はデータ量が大量となるため、これまでデータ圧縮を用いて伝送することが多かったが、4K HDMI・IP光伝送器ではデータ圧縮なしに4K映像を伝送するため遅延なく1フレームのタイムラグもなく映像をリアルタイムで伝送できる。

システム概略例

 駅や空港、街頭デジタルサイネージなどの用途をはじめ、学校のアクティブラーニング、病院での手術映像共有といった各種用途を想定している。IP光伝送器は送信機、受信機それぞれが用意され、価格はいずれも64万5840円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン