このページの本文へ

ソースコードレベルで移行可否や修正規模、影響範囲を調査/分析するサービス

オラクル、Java業務アプリの新バージョン環境への移行支援

2015年04月08日 14時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本オラクルは4月8日、旧バージョンの「Java SE」や「Java EE」で開発された企業システム/アプリケーションが、最新のJava環境にバージョンアップ可能かどうかなどを調査/分析するサービス、「Java 最適化ファーストステップサービス」の提供開始を発表した。

 同日開催の「Java Day Tokyo 2015」で発表された。

 旧来のJava環境で開発された業務アプリケーションの中には、当該Javaバージョンのサポート期限終了によってバージョンアップが急務となっているものがある。同サービスでは、新バージョン環境への移行を前提として、顧客の現状環境のヒアリングや、アプリケーションのソースコードレベルで机上調査を行い、顧客に結果報告を行う。

オラクルが提供開始した「Java 最適化ファーストステップサービス」の概要

 これにより顧客は、バージョンアップの実現可能性や修正規模が把握できる。また、バージョンアップに伴う影響調査の負担も軽減できるメリットがある。

 またオプションサービスとして、サードパーティ製フレームワークのライブラリ依存調査、アプリケーションサーバーの製品間/バージョン間の差異調査なども提供する。これにより、現行のアプリケーションサーバーの統合や、保守切れに伴う移行にも対応していく。

カテゴリートップへ

ピックアップ