このページの本文へ

化学電池の限界を超えるキャパシター(電気二重層コンデンサー)にも期待

UCLA、大容量・急速充電可能なハイブリッドキャパシターを開発

2015年04月03日 18時41分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

UCLA California NanoSystems Institute

 UCLAカリフォルニアナノシステム研究所(UCLA California NanoSystems Institute)は4月1日、現用のキャパシターよりもはるかに大容量なハイブリッドスーパーキャパシターを開発したと発表した。

 発表によると、レーザーによって表面をナノ加工したグラフェンと二酸化マンガンを電極に用いることで高容量化に成功したという。現在市販されているスーパーキャパシター(電気ニ重層コンデンサー)の約5倍、薄膜リチウム電池の約2倍という大容量が可能。秒単位での充電に加えて自己放電も少ない。また現在製造されているスーパーキャパシターと異なり、クリーンルームでなくても製造できるという。

 静電容量で電気を蓄えるキャパシターは、リチウムイオン充電池などの化学電池と異なり、数秒で充電可能・理論的な上限容量が高いなどの利点があり、据置型・モバイル用途の蓄電用に現在も改良が進められている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン