このページの本文へ

LGエレクトロニクス「29UM67-P」

初のFreeSync対応液晶「29UM67-P」がLGから発売

2015年04月02日 23時25分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGエレクトロニクスから、初のFreeSync対応液晶ディスプレー「29UM67-P」が登場。ツクモパソコン本店で販売がスタートした。

初のFreeSync対応液晶ディスプレー「29UM67-P」がLGエレクトロニクスから登場

 「29UM67-P」はGPUとディスプレーのリフレッシュレートを同期し、ティアリングや遅延の発生を回避する画面同期技術「FreeSync」に対応した液晶ディスプレーの新製品。

 登場したのは液晶パネルにAH-IPSを採用する29インチモデルで、表示色は約1677万色、視野角は上下/左右178度、輝度は300cd/m2、コントラスト比100万:1(通常時1000:1)、応答速度は5msというスペック。

 入力インターフェースはDisplayPort1.2×1、HDMI×2、DVI-D×1で、5W×2の内蔵スピーカーが内蔵される。

ティアリング(チラつき)やスタッタリング(カクつき)を低減する「FreeSync」技術を採用

 なおFreeSync対応液晶ディスプレーを利用するには、Radeon R7 260X/260/R9 290X/290/285シリーズ搭載ビデオカードやA10 7xxxシリーズのAPUが必須となる。詳細については「AMDの画面同期技術FreeSyncはPCゲーマーの必需品になる」で詳しく解説しているので、是非参照していただきたい。

 価格は5万1400円(税抜)だ。

入力インターフェースはDisplayPort1.2×1、HDMI×2、DVI-D×1。ツクモパソコン本店では近日中にデモも予定している

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中