このページの本文へ

3万円台の11.6型モバイルノート

限定発売の桜色モデル! 格安ノートPC「LuvBook C」をじっくり見る

2015年03月31日 15時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ピンク色が鮮やかな新「LuvBook C」

 マウスコンピューターは3月31日、数量限定で販売する11.6型ノート「LuvBook C」シリーズを発表した。詳しいスペックや価格は別記事を参照してもらうとして、本記事では実機の写真をお届けする。

 今回発表された「LuvBook C」は、従来モデルからはスペックだけでなく、デザインも大幅にリニューアルしている。新モデルの特徴はなんといってもその色。従来はシルバー1色だったのに対し、今回はピンク/ホワイトの2色展開となった。

こちらが「LuvBook C」の従来モデル

価格は3万7584円~と非常にリーズナブルだが、外見に安っぽさは感じなかった。天板は光沢塗料が塗られたプラスチックで、シボ加工が施されている

画面まわりとキーボードは黒。ピンクと聞くと男性は少々敬遠しがちだが、黒があることと角ばったデザインのおかげか、完全に「女子向け」ではない感じを受けた。男性が持ち歩くのも意外とアリかも?

シンプルなつくりのタッチパッド。天板同様、キーボード面にもシボ加工、光沢塗料を施している

本体左側面。アナログRGB端子、HDMI出力端子、USB 3.0端子、ヘッドフォン出力、マイク入力がある

本体右側面にはUSB 2.0端子×2、マルチカードリーダー、有線LAN端子を備える

ホワイト。本体の厚さは22.7mmだが、すっきりとした見た目で実際よりも薄く見える

ホワイトとピンクを並べてみる。どちらも春らしい色で、新生活にぴったりなノートパソコンといえそうだ

カテゴリートップへ