このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

業界人の《ことば》から第137回

ソニーと対照的に成長路線進むパナソニック、B2B重視が奏功

2015年03月31日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「外からは10兆円に近づいていないと見えるかもしれない。だが、やるべきことが明確になってきたという点では、10兆円には確実に近づいている」
(パナソニック・津賀一宏社長)

回復を示すパナソニックの業績、ただし売上の差異は少ない

 パナソニックが発表した2015年度事業方針は、同社の回復ぶりを裏づけるものとなった。

 2014年度の業績見通しでは、中期経営計画CV2015において来年度達成を目標にしていた「営業利益3500億円以上」と「累計キャッシュフロー6000億円以上」という数値目標を、1年前倒しで達成。もうひとつの指標である営業利益率5%以上についても、「2015年度は、5%以上の『以上』という部分にこだわる」と、すでに達成を射程距離に入れたコメントをする。2015年度見通しは5.4%だ。

 だが、売上高は、7兆7500億円の見通しであり、前年度実績の7兆7365億円と比べても、それほど大きな差がない。創業100周年を迎える2018年度に向けて、売上高10兆円を目指すパナソニックにとって、その伸び率の低さは気になるところだ。

 しかし、これに対して、津賀社長は、「外からは10兆円に近づいていないと見えるかもしれない。だが、やるべきことが明確になってきたという点では、10兆円には確実に近づいている」と語る。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ